27.Juni.2015

2015 J1-1st 第13節(延期試合) 柏レイソル 1-0 ガンバ大阪

 スコアこそ0-1ですが、競馬で言うところの「着差以上に差があった(できちゃった)」という内容でした。その差を生んだものは、相手のやり方を承けての試行錯誤や修正を早め早めに為したか否か、という点にあったように思います。
 それでは本エントリではまず柏の勝因をまとめ、この試合を通してガンバのこれからについて(ちょいと長めに)考えてみたいと思います。
 
柏の勝因を簡単に
 勝った柏は、4-5-1で宇佐美をゴールから意図的に離した左のSHに持ってくるというガンバの(唐突な)布陣変更を看取して冷静に対応し、セットプレーからのヘディング――リーグによってはGK東口のオウンゴールと記録するかもしれません――で体よく先制したあとは、きっちり引きながらなおかつ個々の技術に裏打ちされたポゼッションサッカーを体現することで、ガンバの新布陣を巧く利用しパトリックと宇佐美を分断。結果としてガンバ側の修正が遅れに遅れたこともあり、難なく今季のホーム初勝利を挙げました。柏の選手たちの判断と、そういう自分で判断出来るチームを作り上げようとしている吉田達磨監督の普段の仕事が、この試合の勝利をもたらしたと思います。
 この手のチーム作りは柏の現在の順位が示すように我慢が必要なものなので、これからも色々と大変な道のりが待っていることと思いますが、是非ACLの準決勝で相見えたい、そしてこれまでの鬱憤を晴らしたいと思いました次第。
 
本 題
 さてさて一方、ガンバはテスト色の濃い布陣で臨みましたが、あまりに突貫工事すぎると言いますか、選手間で図面の共有がなされないまま現場に出ているような印象を受けました。
 
 前回のエントリでも触れたような気がしますが、この試合で得た知見を踏まえ現時点で最大の懸案である2列目の機能不全、その基本メカニズムを今一度ざっくり述べてみると、う~ん、こんな感じでしょうか。
 1) 相手がサイドを攻めてくると過剰反応してしまい特に2列目が必要以上に後ろ向きに動き
 1b) ボールの反対側のサイドハーフもしばしばそれに同調
 2) そのため攻めに転じてもロングカウンター時は詰められず
 2b) 遅攻やショートカウンター時は疲労もあり容易に補足され動いてボールを受けられず
 3) よって再び守備に転じたときに間延びして必要以上に運動量を使わざるを得ず
 4) そのためいい形でボールを奪えなくなり、攻撃に悪影響が出て……
 5) 以下1)に戻って悪循環
 
 現状のガンバは確かに失点は少ないのですが、翻って相手にしてみれば、守備戦術を墨守してくれるがゆえに攻めどころ(サイド)もまたはっきりしているので、多少無理矢理でもサイドを圧せば案外とマネージメントしやすく嵌めやすい、勝ちにくいけど負けにくい、そんな状態です。
 ゆえに、最終的には相手に比べていち早く心身が疲れてしまい、開始時点よりも立て籠もり成分が濃いサッカーとなり、失点は確かに減るけれども得点機会もまた劇的に減るので、結果として勝ち点が伸びない、そしてサポはカタルシスをあまり得られない、ということになっているのではないでしょうか。
 きっちりとした守備をベースとした、サボらないけど動きすぎないコレクティブなカウンターを放つチームを志向しているのかなと考えていたのですが、いやはやどうしてこうなった。

 そんなガンバの問題点を、監督は中盤の守備を組み替えてトップ下(秋)にプレスをかけさせることで後詰めが前を向いて奪えるように仕向けることで解決し、カウンター攻撃の威力を取り戻し、ひいては2列目に結果を出させてダイナミズムを取り戻そうと試みました。
 ただ、それにしては……秋はサイドハーフ起用時同様あまりにハードワークしすぎてしまい、レスが連動性に欠ける「気持ちプレス」となり、もともと小回りの利くタイプではないパトリックをかえって試合から消していましたし、左のサイドハーフとして起用された宇佐美は、彼をさらにゴールから遠ざけようと仕向ける柏の戦い方に対してあまりに素朴に上下動をして疲弊していました。右サイドで起用された大森もの出来は、相変わらず。テストとはいえ、組織面でもう少し何とかならなかったかと思います。

 そんなうまくいかない状況――現場から覧て手応えを感じる面があったことは確かでしょうが、それ以上に相手のやり方を考慮に入れてこの試合を考えるべきかなと自分は思います――に対し、遅くとも後半開始の段階で監督やスタッフが相手の出方に応じた修正指示を与えていれば、新布陣の実験と勝利への執着という二面のバランスがとれ、最終的な結果は違ったかもしれません。
 しかし、そういう「修正」はとうとう残り20分を切るまでなされず、冒頭で述べたとおりのスコアでの敗戦。
 上位進出のためには是が非でも勝っておきたい試合で見切り発車的な実験を最優先させた感のある監督の采配は、よしんばこの日のテストで得たエッセンスが素となり今季終了時に大輪の花を咲かせたとしても、リーグ戦の試合単体におけるそれとしては疑問符をつけられてしかるべきものと思います。
 いやはや、勿体ないことをしました。

この日の試合の"if"からこれからを考える
 結果論ではありますが、この日の布陣を進化させる場合のヒント、進化していくチームを見守る一助にはなりそうですので愚見を申し述べると、無二の攻撃力を秘める宇佐美をゴールから遠ざけるのは流れを変える上質な奇策ではあるものの、スタートからそうした場合上策ではないので、早めに倉田とポジションを入れ替え、ワントップにはパトリックではなく、小回りが利きなおかつゴールの位置を計算したかのようなボディワークのできる赤嶺――現在のガンバにおいて不当に過小評価されている選手だと思います――を早々に投入するべきだったと考えます。
 特に、この日の相手である柏のCBは連携や動き直しが決して上手くはないので、赤嶺のように駆け引きからワンショットで沈められるタイプのストライカーを使えたら、使うように監督が指示できたら、もっと言えばまわりの選手に使う勇気と余裕があったら、と思います。実際、80分以上経過してから投入された彼は、短い時間ながらもボクサーのように細かい動き出しを繰り返すことで、必死にゴールを陥れようと頑張ってくれていました。如何せん周囲に余裕がなく、ボールが来ませんでしたが……

 さて、監督はこの日の布陣の継続を示唆しているようです。
 個人的には、基本布陣をもとにディフェンスラインを信頼して捨てるべきところは捨てることで、距離感を改善しコンパクトネスを取り戻す方向性で基礎を立て直してから新布陣を構築していく方ががいいような気がしていますが、実験をもとに新布陣を早急に煮詰めるのであれば、上述のように中央の軸となるのは赤嶺と宇佐美でしょう。 赤嶺は新布陣のワントップに相応しいスキルの持ち主ですし、宇佐美と組めばバイタルエリアに敵の注意を引きつけることとなり、クロスも呼び込みやすくなるのではないでしょうか。諄いようですが、赤嶺を宝の持ち腐れにしたままではいけないと思います。
 また、この布陣では、サイドハーフやトップ下の控え一番手にはスキルフルであり一瞬で攻撃を繋げられる、時には無から有を創出するかのようなプレーが出来るフタさんを積極的に起用することも鍵になるのではないでしょうか。将来を見据え堂安という手もあっていいと思います。彼らのプレータイムを増やすことは、ともすると(与えられたタスクのせいもあり)良くも悪くも機械的なプレーになりがちな阿部ちゃん、秋、晃太郎に良い刺激となり、かつ、彼らを休ませることにもつながるでしょう。
 なお、3列目と最終ラインについてはそんなに心配していません(註:たまに出るハルのポカは除く)。
 そうして皆で切磋琢磨させ、全体の底上げを図っていければ、状況に応じてふたつの布陣を使い分けられるようになり、この日の敗戦も無駄にはならないのではないかなと思います。

 昨年と違い勝ち点は29あるので、まずは山形戦を何でもいいから勝ち、つかの間の休息と調整を経て、昨年同様「日本の夏、ガンバの夏」といきましょう。


muimatoba at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

21.Juni.2015

2015 J1-1st 第16節 ガンバ大阪 1-1 ベガルタ仙台

 我らが健太監督はその特徴的な眉目の所為で、別段困っていなくても困っているように見えることがあるのですが、按ずるに今の状態には本当に困っているのだと思います。
 本日は仙台戦というより、ここのところの試合から受ける雑感という形で簡単に書いてみようかと思います。最後に堂安についても、ちらっと。

乖離したら肉薄させればいい
 プロの世界ですからスカウティングされるのは当たり前。ゆえに、監督は昨年から何も修正していないわけではなく、下記のような形でよりソリッドな、カウンターで相手を沈められるチームへと軌道修正を試み、リーグ戦の大事な試合で勝てない場面が散見されるものの、ACLを考えるとそれなりの勝ち点を獲得できてはいます。

 A) 前の2人の守備が向上したので相応の負担を要求
 B) サイドハーフは攻撃面でサイドの崩しを担い、守備はよりタイトに
 C) ラインは上げすぎずに強固なブロックを維持

 しかし、当面の目標であったACL準々決勝進出と前後して、下記のような構造上の問題を相手に衝かれだしたことと、個々の選手たちに溜まる連戦の疲れ(と幾ばくかの安堵)からか、チーム自体が疲弊してきて「悪い意味でソリッドなチーム」になってしまいました。

 a) チャンスは良くも悪くも2人のコンディション、個の力とゴール数(ならびにセットプレー)に依存する形となる
 b-1) 体と頭双方への負担が増大し攻撃時のフリーランニングができなくなる
 b-2) 時間が経つにつれ疲れて前の2人に絡めなくなり、FWがふたりぼっちに
 b-3) 遅攻では容易に補足され中央からの組み立てやSBの上がりに支障を来す
 b-4) シューター寄りの阿部はともかく、倉田や大森も足もとに余裕がなくなる
 b-5) 結果、パトや宇佐美の落としや叩きを活かせなくなり、攻撃にかけられる人数とSHの得点力を強烈に押し下げる
 c)  真ん中への攻めに対しては滅法強いものの、時間の経過とともに間延びを助長

 そして、そんな疲弊の結晶が、サポーターには勝利とゴールへの渇望からくる欲求不満をもたらし、一見さんには睡魔との戦いを強いる、残留ラインと戦う下位チームのようになってしまっている近々のガンバのサッカーなのだと思います。悪い譬えですが、立て籠もって大将首めがけて大筒ぶっ放してるだけといった印象です。
 
 しかしながら、これは決して監督が意図している、理想としているものではないでしょう。これが理想である程度満足しているなら、昨年三冠獲ったりはしていませんから。仙台戦では「化学反応」を期待して堂安をスタメン起用しましたが、サイドから真ん中への意識とそれができるだけの技術を持つ彼のリーグ戦デビュー(ならし運転)は、「本格修正開始」の意思表示だと思います。


 個人的には上記のような策を思いつきましたが、ちょっとした中断前の2試合をアウェイとはいえ連勝し余裕を得、中断を利用してリフレッシュとリコンストラクトを試み、7月からドーンと巻き返してくれると期待しています。

 
堂安デビュー
 ボールの受け方に余裕が出てきたところで前半が終了し、そのまま半ば守備固めとして投入された感のある(けど結果は逆だった)阿部と交替しため、45分しかプレーできなかったのは残念でした。ただ、これは井手口や高木の例を鑑みると予定通りの交替なのかもしれません。
 バイタルエリアに侵入しよう、人と人のあいだで受けよう、2トップとの距離感を考えようという――今のSH陣にいささか欠けている――意識はとても良かったので、これからスピードに慣れて身体の角度を使えるようになれば、出番が増えスキルを発揮できるようになり、やがてはガンバのみならず日本を背負って立つ選手になってくれるでしょう。7月以降も過密日程が待っているので、日々研鑽を積めば次の出番は遠からず来るでしょうから、ゴール等の活躍はその時の楽しみにしたいと思います。



muimatoba at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

5.Juni.2015

2015 J1-1st 第10節(延期試合) ガンバ大阪 2-0 鹿島アントラーズ

 今のガンバはサッカーのチームとしても、人間の集団としても、「良いチーム」になっているなあ、それゆえに厳しい日程をこなしてきたうえで相見えた難敵相手でも実力を発揮し、最終目標に向かってしっかりと勝ち点を積み上げていけるのだなあ、と、そんな感慨を抱く試合でした。
(頼り甲斐ある岩下兄貴に象徴されるチームワークの良さについては「ロスタイムは7分です。」さんが外連味なくまとめられているので是非そちらをご一読ください)


試合全体
 ガンバは、基本的にはかっちり戻る4-4ブロックなのですが、ヤットとコンちゃんという中盤真ん中の2人には(彼らの経験を信用して)ある程度自由を与えることで、攻守に「遊び」の部分を加えているように見えます。
 そんなガンバに対し、鹿島はレギュラーの左SBである山本が不在ということもあってか昌子を左SBにまわしてパトリック番をさせ、ボールを持ったときは右にカイオ、左に金崎を配した両翼の突破力を絡めガンバを押し込みながらCBの前・CHの背中に角度をつけたボールを思い切って入れ、そこに人数をかけつつスルーやワンタッチといった即興性溢れるプレーと柴崎のフォローを加えて狭いところを抜いていこうとすることで、前半の前半はペースを握っていました。ガンバが開始直後より割合前から嵌めにいっていたことも、そんな展開に拍車を掛けていました。
 しかし、ガンバはCBのふたりとコンちゃんが人数の多さに慌てふためくことなく要所を閉じてお膳立てを不自由にし決定機をつくらせず、ゴールエリアへのこぼれ球は東口が素早く拾って相手の攻勢をやり過ごしながら徐々に軌道修正。そして、おいたが過ぎて藤春に蹴りを入れたカイオが岩下兄貴によってたしなめられた、もといソフトに〆られたためか意気消沈し、他方金崎は(昌子が後ろなので仕方がない面がありますが)多勢に無勢の単騎駆けとなり、鹿島の両サイドが死に体になりはじめると、徐々にガンバが攻勢に。実際、前半の後半は鹿島にシュートを許しませんでした。
 そこから相手の弱点として和田コーチを中心に徹底的にスカウティングしていたであろうセットプレーで圧力をかけると、危なげない試合運びで前半40分頃に先制点、後半立ち上がり数分で追加点を挙げ、経験は浅けれど将来性豊かな攻撃陣を要する鹿島を2-0で降すことができました。
 
 特に後半、2-0としてからの戦い方は――パトリックが献身的なれども不発の核弾頭だったことや、ゴールに関しては「彼の日ではなかった」宇佐美(それでも彼らしい技術によるPK奪取に加え、唯一肝を冷やした被カウンターをプロフェッショナルファウルで止める等、素晴らしい働きでした)の不運ゆえ結果として追加点は奪えませんでしたが――見事だったと思います。矢継ぎ早に選手交代をしてどうにか堅陣に突破口を見出そうと試みる鹿島の動きに対し、よりしっかり守ってカウンターを当てるという方針をひとりもぶれることなくイレブンで体現。とりわけ、下記の通り遠藤の現場監督っぷりには頭が下がります。主に「斜めの線」を切ることで、周囲の選手たちにわずかな、しかし大きな余裕を持たせ、結果として見た目以上に守備が安定していました。

 一方、鹿島にとってはそんな「詰み」を回避できなかった、変えられなかったことが敗因と言えばそうですが、前述の山本に加えジネイが欠場のなか、監督はできる限りの手を打ったと思います。柴崎の参画を軸に、遠藤康投入で両サイドのMFの利き足を中に入れ、伊東投入で両SBを本職とし、最後は高崎投入で金崎と2トップ。間違いはなかった印象です。
 しかし、ヤットさんの指揮により堅く固く閉じられたこの日の蒼黒の門はびくともしませんでした。昨年、西が魅せたスーパーボレークラスの事象が起こらない限り、ガンバは失点しなかったと思います。
 

2つのゴールとPKが意味するもの
 先制点は狙い目であったセットプレーから。ヤットさんが入れたボールに対し反応が遅れた鹿島のGK佐藤が必死に両拳を伸ばしてパンチングを試みると、ボールは拳の下側に当たってしまい、セオリーというべき放物線を描くことなく正面下へ。そこに居あわせたコンちゃんが、咄嗟ながらも力を入れすぎずにダイレクトでしっかりとミートし枠内へ飛ばしてゴールとなりました。あっさりやっているけれど、さすがベテランというシュートでしたね。

 追加点は宇佐美が得たPKを、ヤットさんが久々(?)のコロコロPKでゲット。このPK獲得に至る一連の宇佐美のプレーは、この試合の個人技の中では抜きん出た、まさに白眉でした。
 宇佐美はセンターラインから10メートルほど敵陣に入った左サイドでリスタートのボールを受け取ると、相手守備の頭をしっかり越える正確なロングパスを右サイド奥の米倉に送り、そこからのクロスのこぼれ球を、胸トラしながらスピード上げてエリアに侵入。そして、ボールをバウンドさせずに右足で浮かせて相手を抜きにかかると、西がたまらずボディアタックする形となり、吉田主審は躊躇なくPKを宣告、というもの。
 宇佐美は自分が蹴りたいという意思表示をしながらも監督に却下されとても残念がっていましたが、そういう流れですから、蹴りたくなるのは道理でしょう。また、無二の達人を擁するチームの方針を優先した監督の判断も、同じく道理です。
 そんな、得てして不穏な空気を醸成しがちな道理の対峙にすっと割って入り、後輩を慰めなだめた岩下には感謝感激雨霰です。日の本一の若武者も三冠監督も同時に守る、記録には残らない見事な「プレー」だったと思います。宇佐美はきっと、次の神戸戦で大爆発してくれるでしょう。
 唇を噛み締める宇佐美をしっかり包んで慰める岩下兄貴の漢っぷりと、相手GKの動きを確認してから逆サイドに転がすヤットさんの職人(鬼畜ともいう)っぷりの合奏……冒頭にも書いたように、今のガンバが「良いチームであるがゆえに強いこと」を端的に現す、ガンバサポとしては何とも印象的なPKだったと思います。
 
 

ちょっとした蛇足
 はてさて、マスコミは優勝云々と囃し立てていますが、一年かけて熟れる果実は秋から冬に収穫するもの。
 ガンバが「良いチーム」だからこそ、みんなで喜ぶために出来るだけ多くの果実を収穫したいもの。
 これからも選手、スタッフ、サポーター、ファン一丸となって一戦一戦出来る限りの事をしていきましょう。星形の果実の収穫まで弛むことなく。


muimatoba at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba