April 2012

30.April.2012

【2012 Jリーグ 第8節】 鹿島アントラーズ 5-0 ガンバ大阪

 twitterのアイコン絵描いてたら存外時間かかってしまった…しかもヘンな絵になっちゃったし…


 というわけで鹿島戦ですが、結果自体については0-2になってからの数分の「空気」である程度覚悟できたので特にショックもなく。0-4で終わるかと思いきや最後にとんだもん魅せられて自宅の床に大の字になってしまったのはさておき、清水戦のやり方をあっという間に解剖されて攻略を許した感じでした。
 清水戦から採用された「4ボランチ」的な構成。これは前のプレスはあるけど、コンちゃん主導と思われるバックラインは早めにリトリートするので、中盤のバイタルがあく。そしてサイドは基本的に縦を切る(つまり、中に誘導している)。
 体力と気力があるうちはバイタルを埋められても、鹿島の巧みな前後左右の揺さぶりに前でボールを捉えられず、力尽きて瓦解、といったところでしょうか。フランサのパチモンのおかげで左右の廻しはスピーディでも前で納まらない清水と異なり、大迫ととコオロキにバイタルでドゥトラが加わり前で納まり、左右も普通にキープできるメンバーが揃っている分、鹿島相手には保たなかった。
 これで最速で20失点到達、このままだと85失点ペースなのはちょっとショックだけれども、失点はこれから減らして、逆に得点を増やしていけばいいさ。

 で、得点を増やして失点を減らすためにはどうすべきか。やはり最大の問題はコンちゃんと他のメンバーの思想の違いなように思える。
 西野時代、つまり時を経て形成された「ガンバのサッカー」は攻撃から逆算したうえで、基本ハイラインでコンパクトネスとポゼッションを追求するもの。お約束の失点シーンはさておき、ラインを破られそうになったら中を切ってサイドに追い出す。縦の突破を許しても、中を破られたわけでなければ気にしない。最後は追いついて中で跳ね返す、そういう守備。冗談みたいにコンパクトにしてるのをスタジアムで観て噴きそうになったのは良い思い出…
 一方で下げるときはそれならときっちり中でブロックを形成したうえで、奪った瞬間から長短ポンポンつないで相手の目先を変え、効果的なカウンターを発動。ラインを下げる場合でも、「行ってらっしゃい」オンリーにならないようにする、つまり攻撃の微細なバリエーションのためにコンパクトネスは重要だった。

 翻って今は。
 詳細は他の方々(「大阪鋼巴球迷的博客」さんとか「毒殺日記。」さんとか「加地亮と共に走り抜けるサポーター人生」さんとか)がブログで書いてくださっている通りだと思うので割愛するけれど、コンちゃんと他のメンバーの思想の齟齬(コンちゃんは守備から守備を組み立てようとしているけれど、他のメンバーは攻撃から守備を組み立てようとしている)は早急な対応を要するように思えます。
 コンちゃんは予めサイドバックとボランチのトライアングルを引くことで「網を設置」して、サイドバックに縦を切らせて、ボランチを利用して網に追い込んで、自分か戻ってきたサイドハーフあるいはファーのボランチがボールを奪おうとしている。つまり、オフサイドルールは積極利用しないし、どうしてもちょっとは間延びする。
 一方で、他のメンバーは「網を伸縮させそれを受け渡して」相手を追い込み、オフサイドルールを利用しつつ、できるだけ選手間の距離が近い状態でボールを奪う思想に慣れている。しんどくてもやろうとして自爆した時も多々あったけれども、それが守り方だった。
 それが未だに擦り合わさっていない。そしてそれが攻撃にも悪影響を及ぼしている。実際、鹿島戦もたいしてチャンスはなかったし。
 しかも、コンちゃんには悪いけども、今年はJ1なんだよね…。昨年プレーしていたJ2とはやはり精度が違うので、正直、今の彼の意図するやり方でいくなら、思想の摺り合わせが終わって実際のプレーがある程度固まるまではバイタルを利用され放題になる危険性があるような。

 また、旧メンバー(この言い方はどうなんだ)で、とりわけコンちゃんとの摺り合わせが出来ずに最も困っているのは加地さんとラフィだろう。
 加地さんは、衰え云々以前に、中を捨てさせてある程度の距離を許容する守り方に戸惑っているように見受けられ、また相手にそこを上手く利用されているように思えます。そういえば鹿島戦の2失点目は最後意を決して中に絞っていってたっけか…届かなかったけど。
 そしてラフィは、今のやり方だと「プレスしろ、キープしろ、時間作れ、独力で抜け」って要求になってしまうけれども、彼はルーカスでもグノでもない。むしろ、小気味よくボールを捌ける距離感を保ってやってこそ生きるタイプでは?

 というわけで、人選云々(コンちゃんをCBから外すか否か)は置いておいて、本格的な立て直し、成績アップのためには、まずは慣れ親しんだ去年までのやり方に完全に戻すしかないと考えるのだけれど、どうだろうか。
 とりあえず浦項戦でなにがしかの変化と、勝利がつかめることを祈ります。現地に行かれるみなさんはお気をつけて!
 ちなみにおいら、2日は仕事じゃ…キッコフまでに帰れるよう気合いを入れて仕事… 



muimatoba at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

20.April.2012

【ACL GL第4節】 ブニョドコル 3-2 ガンバ大阪

 なんというか、試合自体はとても勿体ない試合。

 ブニョドコルのバイタル、CBの前や、サイドにボールが入ったときのファーの後ろあたりには美味しそうな、本来のガンバであれば無駄にせず喰らい尽くすであろう、魅力的なスペースがあった。けれども、(疲労の影響もあったとはいえ)MFとFWのラインを置いてけぼりにして徒に下がりすぎたバックラインの影響により、個々の距離がシーズン開幕後のあの頃に戻ってしまっていたガンバはそれを食べきれず、逆にあっさりと3点を献上。

 前でボールがきちんと納まったときは、佐藤やフタさんのチャンスのように、得点機を作りきれるだけの修正はなされているだけに、ガンバらしくない実に消極的な、かつコンパクトネスを顧みないディフェンスのライン取りが、あな口惜しや…
 やはり次の修正点はここ、ラインの設定に尽きる気がします。
 川崎戦でも、勝ったとはいえラインは低かった。そうではなくて、前からプレスをかけ、ラインをきっちり上げて全体をコンパクトに。下がるときも単純に下がるのではなく、跳ね返したあとのボール確保のために、全体のコンパクトネスを念頭に(下げてコンパクトにした場合、今居るメンバーでさてボールをどう一気に運ぶかという問題が出てくるけれど、とりあえず捨て置く)。
 そうしないと、折角の佐藤の献身も、選手個々が持っているはずのスキルも、このブニョドコル戦のように半ば無力化されてしまう。

 まず清水戦では、監督がその辺りをどう修正するかを注目しつつ「リーグ戦連勝」を見守りたいと思います。
 個人的には(どうせ代表で酷使されるだろうから)休養もかねて、1回コンちゃんを外してスタンドから試合を見せるのも手かと。コンちゃんにガンバの本来の戦い方を掴んでもらうには、常に濁流の中に放り込んでおくよりも一度視点を変えて見せる方が、早いような気もするので。その場合、丹羽頑張れ。
 ただし、何をしてもどうしても慣れそうにない場合、コンバートもできない場合は、勿体ないし遣る瀬無いが夏のメルカートを利用して別の方策を考えざるを得なくなるのだけれども…

 追伸:22日は陰陽座のライブに行くので、録画で見守ります…

muimatoba at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

17.April.2012

【川崎戦】交代策など雑感

 ポイントは後半の采配にあったように思います。
 そもそもこの試合、ガンバはコンちゃん主導による相変わらずの低めのライン設定(矢島のフィジカル対策という意味もあったかもしれない)の所為、一方で川崎は元からのメンバー構成上の問題(中盤の底を支えるMFの不在)はそのままに攻撃的に出たため、お互いが中盤の底の部分に危険なスペースを抱えながらのゲームとなっていた。

 その中で先に動き、かつ交代策を有効に使ったのはガンバ。
 松波監督はFW佐藤の守備力も勘定に入れて憲剛へのプレッシャーを強めるという守備の修正からリズムをつかむと、寺田を二川に交代することで前述の危険なスペースを使い、リズムを確固たるものにしようとしたと思われる。
 これが当たって前目でボールが廻りだすと、続いて67分にラフィーニャを阿部に交代。その献身ぶりで外せない男になりつつある佐藤といまいち合っていないこと、また、広島戦に続いての70分前後での交代。もはやラフィーニャは主軸ではないということか…
 そして阿部は入ってすぐに昨日も触れたランで同点ゴールに絡んだのをはじめ、各所で佐藤や二川と適切な距離を保つことで攻撃を一気に活性化することに成功。まさに絶妙の交代となった。
 ただ、ここで改めて「ラインが低い」ということは考えておきたい。こういう状況でラインを高くできれば、もっと一方的にダメージを与えられると思うのだけれど。


 そして仕上げに打たれた手が、77分の倉田に代えてジョンヤ投入。ジョンヤと聞いた瞬間「3バック?」と思ったけれど、監督の指示は中盤の底に蓋をするフォアリベロ。
 小林に代えて楠神、レナトに代えて小松と前の選手を単純に交代させた川崎に対し、中盤の底を落ち着かせつつ高さ対策をし、かつ遠藤を前に出すことでポゼッションとゴールの可能性も高めようという意図に思えた。守備と攻撃を両方底上げしようという交代。そしてこれがまた大当たり。この安定が、最後まで中盤の底の穴を埋めきれなかった川崎との差となって決勝ゴールにもつながっていったように思います。
 大学時代ボランチもやっていて、サテライトでも試していたのは聞いてはいたけれど、スパッと途中から試して効かせるとは。ジョンヤのこういう起用法はこれからも貴重なオプションになりそう。監督もジョンヤもお見事でした。

 最後に川崎に関して触れると、中盤の底を勤められそうなのが稲本しか見あたらないうえ、彼が満足なコンディションではないことが厳しいように思える。ここの補強が夏の課題になりそうな気がした。



muimatoba at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

16.April.2012

【2012 Jリーグ 第6節】 ガンバ大阪 3-2 川崎フロンターレ

 3-2。う~ん、何だか親しみやすいスコア。阿部っちもヒーローインタビューで述べていたとおり、ガンバとしてはしっかりした実に普通の勝ち方。
 しかしこれはただの1勝ではなく、自らが招いた大難産の末に第6節にしてようやく手にした2012年シーズンのリーグ初勝利であり、何よりミスターガンバの監督としての記念すべきリーグ戦初勝利。
 その試合を実に「らしい」勝ち方で飾ることが出来た。色々突っ込みどころはあるけれども、それもまたガンバ。この勝利を、ミスターガンバとともに生きる輝かしい未来を皆で掴み取るための糧としたい。

 まず失点について簡単に触れると、最初の20秒ゴールはこちらの陣形が整わない中、守備的だった相馬監督解任で前への推進力を出そうとしてきた川崎が早速前がかりに来たところ、武井と寺田がセンターサークルでポストに入った矢島につられ、ケンゴにノープレッシャーでレナトへの縦パスを出させてしまった時点でほぼ勝負ありかと思います。レナトがもう少しコネてくれればコンちゃんが対応できただろうけれど、そうはうまくいくはずもなく。藤ヶ谷はよく触ってくれたけれど、届かず。
 そして(試合をさらに劇的に仕立てることになった)2失点目はCKの守備での藤春のポカ、ボーンヘッド、イージーミス。マンマークで相手(しかもポイントゲッターの小林)を放しちゃあかん。
 ただ、これ以外に完璧にやられた場面は2-2に追いついた直後の小林の決定機くらいで、守備陣はラインが低かったのはさておき全体としては頑張ってくれたと思います。特にその決定機をビッグセーブで防いでみせた藤ヶ谷に、個人的にはMIPをあげたい。

 そして歓喜への3ゴールだけれども、1点目は今野と中澤、奇しくもCBコンビによる味わい深い作品。
 前半終了間際、セットプレーの跳ね返りを拾ったとみるや左サイドを駆け破った今野に藤春からパスが出る。それを今野は中澤が打ちやすく、かつ西部が出やすい位置に絶妙のクロスとして供給。中澤が西部より先にきっちり頭で合わせてゴール。時間帯を考えると、後半監督に采配をしやすくさせたという意味で実に大きい得点だった。
 2点目は見事な崩しの今季暫定ベストゴール。相手陣左寄りの位置で囮を交えたガンバらしいパス交換で川崎守備陣の目を引きつけると、倉田が裏のスペースへ藤春バズーカ発射。一気のスピードアップで崩すと入ったばかりの阿部が厄介なジェシをニアに引っ張り、藤春はファーでフリーとなった佐藤へダイレクトでグラウンダーのクロス。佐藤がきっちり沈めて2-2。
 それにしても佐藤は、試合ごとに成長していってくれている感じです。チェイス、プレスバック、ポスト、ハイボールの競り合い、そしてゴール。壁にぶつかることもあるだろうけれど、このままいけばグノとは違ったタイプ、よりインボックスのエリアで攻守の軸となって一本立ちしてくれそうです(その場合、ラフィorパウと合うかという問題が出てきそうなのだけれど、それはとりあえず考えないことにしよう…)。
 そして3点目は、木村主審の判定基準を見極めた加地さんのファインプレーを、阿部が新人らしからぬ発想と技巧で仕上げた逸品。
 この試合、テレビでみる限り木村主審の基準は一貫していて、いわゆる「手の不正使用」は厳しく、一方でショルダーなら多少激しくてもOKといった感じ。おそらく加地さんはそれを頭に入れていて、小宮山がボール処理をもたついた瞬間にショルダーチャージでボールを奪いにいったのだろう。
 そして奪って中を見た瞬間、佐藤がCBを前に引っ張って空けたスペースに走り込む阿部。ここからが凄かった、一見地味だけど。
 前に走り込みながら、グラウンダーのボールをダイレクトで浮かさないように左足の先に当て、ジェシの足が届かない、準備動作に入った西部の左脇にプッシュ。
 うーん、生中継を見ていた時は阿鼻叫喚万歳三唱でしたが、VTRでじっくり見るとただ者じゃない、この新人は。なかなかできるシュートじゃない。
 2点目のランもそうなんだけれど、点を取るために局面局面で色々なプロセスが想像できて、判断して、トライできるプレーヤーだと思います。佐藤との相性も良さそうだし、順調に育てていければ末恐ろしい武器になりそう。

 あとは77分からボランチ、というかアンカーの位置に入ったジョンヤが川崎の攻撃を分断し、コンちゃんと佐藤が役目を果たして試合をクローズ。歓喜の勝利となりました。
 実はこのジョンヤの起用が勝着だったと思うのですが、長くなってしまったので、交代策その他については(たぶん)また明日…。 



muimatoba at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

13.April.2012

お礼とか明日の試合とか、諸々

 遅くなりましたが、まずは何よりも「大阪鋼巴球迷的博客(民国様)」に私の名前などを出していただいて、びっくりして、いやはや恐縮の限りと言いますか、感謝の言葉もありません。

 私と違っていつもとても冷静に書かれているので、かれこれ何年も更新を楽しみにしております。ぶっちゃけた話、隠れファンでした。
 文章・書き方の変化についても仰るとおりで、今は他人様に読んでいただくことを意識しておりまして。
 思い返すと、昨年までは趣味のイラスト描きと同じ、いやそれ以上のノリで、その場の感情やら妄想といった混沌をそのままキーボードにぶつけてアップしておりました。試合のレポート文でそれをやってしまうと読めないし伝わらないよな、と昨年末ようやく気づきました次第。本当にすみません。
 そして、今後ともよろしくお願い申しあげます。

 さて、実は前エントリの続きとして「では中澤を外すという選択肢は?」というネタを書こうと思っていたところ、お仕事が予想外の案件で忙しくなったうえに鼻が故障して鼻水がどえらいことになったために、結局今日まで書ききらず。
 明日は川崎戦なので、まずはそれに集中したいと思い、ようやくお礼の文だけ書きました次第です。
 ただちょっとだけ結論を書くと、「現状最も『ガンバのサッカー』のdistanceを理解しているCBが彼だから外せない」、ということではないか、と。

 そういうわけで、川崎戦に勝って、その試合のレポート書いて、そして機を見てネタの続きを書きたいと考えております。
 最後に明日の試合については、生で観て川崎の個々の守備の堅さは重々思い知ったし、暫定指揮官が攻撃に関しては前任者よりまともな考えを持ってそうなので、何でもいいから先に点を取ってジェシを引っ張り出し、ギャップを衝きたい。そういう展開にもっていければ、と思います。

muimatoba at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba