September 2012

30.September.2012

【Jリーグ第27節】 ガンバ大阪 2-2 鹿島アントラーズ

 新潟戦に続き、ホームで、絶対に勝たねばならない試合で大失態と言うべき引き分け。
 頑張っている選手には申し訳ないけれども、取れるべきところで取れないのは、まあそのナニするクラブの典型で、「よく引き分けに持ち込んだ」ではなく、「負けに等しい、許されない結果しか出せなかった」が正解でしょう。そしてそんな結果を導いたのは、2失点と監督の交代策でした。

 1失点目
 今野(この試合で一番悪かった選手はと問われれば、間違いなく彼)が連動性のかけらもない独りよがりの特攻でコース空けた時点でほぼアウト。慌てて埋めに行った岩下の対応は責められないけれども、それがレナトにとってはちょうど良い具合に使えるブラインドになっていた。
 ただ、今野につられてか、藤ヶ谷にしては前に出すぎてた(これはまあミスと言うのは厳しい)。そして、これが問題なのだけれど、ちゃんとステップで踏み切って、身体に力を伝えて跳べてない。この辺は昨年から目につくフィジカルと反応の衰えが出ていると思います。

 2失点目
 得点シーン自体は、藤ヶ谷が窮屈な姿勢でキャッチに行ったのが失敗。左の腕と手をコントロールできてないので抱えきれずに一番まずい場所に弾いて、速やかにセカンドエフォートに移れずズドン。
 ピッチのコンディション考えると、(まあ行き過ぎの感もあったけれども)パンチング最優先の曽ヶ端みたいに、コーナーでOKくらいの気持ちで大きく弾きにいくべきだった。ノープレッシャーでレナトに打たれたわけだし。
 ただし、カウンターを受けた時点で意味不明のチャレンジを敢行して、行方不明になっていた今野の独り相撲も指弾されるべきでしょう。

 交代策
 まあその、これまでの経験から、競った展開で松波に采配させたら状況がより悪くなる危険性が高いことはある程度織り込んでいたとはいうものの、この日も大悪手を連発。

 最初の阿部を佐藤。皆様書いてらっしゃるようなので詳細は省くけれども、生命線である中盤を削って、レアンをゴールから遠ざけ、選手間の距離を離すことで鹿島に、何より岩政に余裕を与えてしまった。
 佐藤が岩政を抑えて基点になれる選手ならいいのだけれども、病み上がりだしもとよりそういう選手じゃない。「何のために倉田をベンチに置いているのか? また、ささやんはどうしたの?」と、詰問したい。 
 むしろ後半頭で替えるなら、調子が悪そうだった明神を丹羽と替え、スクランブルではあるけれども今野を中盤に上げる方がまだ良かった気がする。

 また、お約束となった60分頃の二川交替。交替は(早すぎて噴飯ものだが)どうにかぎりぎり許容するとしても、何で大森なんだろう。前とボランチをリンクできる選手を交替させるなら、ここで倉田でしょう。
 この愚かな人選は本当に意味不明。試合もベンチのメンバーも把握していないのではないかと疑いたくなるくらい。案の定大森は入るなりピッチから姿を消していた。
 繰り返しになるけれども、この時間で2枚目を切るなら、明神が良くなかったのでそちらのケアを優先するべきだった(その場合は武井か倉田になると思います)。
 
 3枚目は70分過ぎにようやく倉田登場。「家長に替えてジョンヤか武井入れそうだな」という予想は外れて助かったけれども、替えるなら、家長ではなく大森だったと思う。大森にはあとでちゃんと「采配ミス」と説明して言葉をかけるということで。逆転せねばならなかったわけですから。


 そして、倉田を入れてもそれまでにほとんどの糸は監督自ら寸断していたので、たいした影響が出るはずもなく、ただただ時間だけが過ぎていった。しかし、去年までの鹿島ならあり得ないミスから、フリーのレアンドロにボールが渡って同点ゴールが産まれた。

 レアンドロは本当に素晴らしい活躍。彼がいなかったらと思うと、ぞっとします。
 ただ、やはり引き分けに喜んではいられない。浦和戦で産まれかかった良い流れを自ら断ち切ってしまったばかりか、勝ち点2を失った。仙台、川崎(等々力)、広島と続くのだから、この事実はとてつもなく重いように思う。



muimatoba at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

17.September.2012

【Jリーグ第25節】ガンバ大阪 1-1 アルビレックス新潟

 敗着(勝ち点3以外意味のない試合で勝てなかったのだから、敗着で正しい)は、確かに65分の交代でしょう。
 二川に替えて横谷を投入し、「前への推進力とラインの押し上げ」を意図したそうですが、前でのキープ力もなければパスも上手くない、頑張るだけで試合に入ることが不得手な横谷はピッチ上に入った瞬間から行方不明。
 家長だろう、前から守備を作るなら、と思ったけれども、思いは届くはずもなかった。その後、お約束通りに倉田も武井に替え、これまで通り自ら堤防を壊して逃げ切り失敗。救いは守備陣、とりわけ藤ヶ谷の頑張りで何とか1-1で終わることが出来たことだろうか。

 さて、前線で時間を作ってくれる、その前線に効果的に縦パスを入れられる距離感をつくることで、ラインが上がってコンパクトになる。そういう前からつくられていく守備というものがガンバを躍進に導いた「守備」だと思うけれども、監督はそれを(ずっとガンバにいながら)全く理解していない。
 むしろ、後半ちょっと圧されると恐慌をきたしボード上のバランスに拘泥して、その大切な前線と後ろとのリンクを自ら断ち切ってベタ引き状態を招くことで、結果としてむしろバックラインとGKを野ざらしにし、座して失点を待つ。今まで何度も繰り返されてきたそんなむなしい采配、忌むべき光景が、この新潟戦でも壊れたレコードのように再生された。
 切羽詰まった監督の頭は、後ろからつくり直すならわざわざOB監督にはしないだろう、ということにすら想像がいかないようで、悲しい。

 また、おそらくはそういうこれまでの姿を、新潟の柳下監督には見透かされていたのであろう。新潟の2枚の交代は実に的確だった。
 藤田を入れて恐慌に拍車をかけリンクマンの交代を導き出し、矢野でその「野ざらし状態」をキープしてワンサイドゲームに持ち込む。藤ヶ谷の頑張りで引き分けにとどまったのは、むしろ新潟にとっては誤算だったかもしれない。

 これで降格圏転落。残留に慣れた大宮とは2差、お隣とは4差。
 監督交代がない以上、監督が急に采配を変えるとも思えないので、この日のような光景は繰り返されるだろう。したがって…

 追伸
 個人的には、残留を目指すなら監督交代、(柏のように)降格を認めたくはないが受け容れてでも1年で地力をつけて戻ってくる体制を今から構築するなら、その場合も監督交代、と思います。

muimatoba at 18:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

4.September.2012

【Jリーグ第24節 サガン鳥栖 4-1 ガンバ大阪

 うーん、この結果は完敗というよりは自爆かもしれない。

 レアンドロに替わるスタメン選択で、スペースを作らない相手には起用法が難しいパウリーニョという基本的なポカを犯し、さらには試合開始早々に失点したことで引いてカウンターという相手のゲームプランにどっぷりとはまり込み、そのうえ監督が最初の失敗に気づかぬままその要素を引っ張り続けたことで、前線の攻守におけるプレッシャーがゼロに。
 そうして堪えきれなくなった守備が崩壊し、最終的には順位表通りの結果となりました。
 あまり言いたくはないですが、レアンドロが来る以前のサッカーに戻った(監督が自ら戻した)だけだった、と言えるかもしれません。

 これで新潟・大宮と勝ち点で並び得失点差で辛くも降格圏からは浮き出ているものの、セレッソ(5ポイント差)より上にはかなり楽をさせてしまう羽目になった。
 残留経験豊富な新潟や大宮と鍔迫り合いをすることは、ガンバにとって致命傷になりかねない。そういった意味でも、より多くのチームを泥沼に巻き込みたかったところだけれど、そういった意味でもとても痛い敗戦になった。


 試合に関してはとにかく、パウリーニョのスタメン起用が全てだった。
 ブロックの堅い鳥栖を念頭に、今季のこれまでの佐藤とパウリーニョの2トップを思い起こしてみればこの顛末はある程度想像できたはずだが、この日もパウはポゼッション時においては行方不明となり佐藤を孤立させ、相手の堅いブロッキングにプレッシャーをかけるでも駆け引きをするでもなく漂い続けていた。とりわけ右サイドに流れたときの無力感は半端無かった。
 また、売りのセットプレーも味方と合わせたり、あるいは相手の目線を逸らせようとはせず、無目的に決め打ちしているだけのようで、鳥栖に脅威を与えるには至らず。全部ヤットに蹴らせるべきだったかもしれません。
さらに守備でも、相手に前に蹴らせないようなファーストディフェンスをしかけることができずじまい。後ろから全力で追いかけるのは得意でも、チームとしての(特に守備ラインが求める類の)ディフェンスは不得手なことを改めて実感させられた。
 何だろう、攻守に大幅スケールダウンしたアドリアーノ? 鳥栖のような相手とやると、そんな感じですね。ただ、彼は相手が前に出てきた場合や疲れてきたところに投入すると一転して躍動するので、要は使い方の問題。


 そしてそんな彼を、完全に機能不全に陥っているにも拘わらずに起用し続けた監督に根本的な問題があったように思う。
 前節の家長の出来をみたはずなのに鳥栖相手にこのスタメンを選択した時点で、ガンバがやっと上手く回り出した要因をレアンの決定力のみに求めて、全く把握していなかったのではないかと勘ぐってしまうくらい。前輪駆動の攻守にわたるプレッシャーこそ、ガンバの肝、だと思います。
 個人的には、リードされたうえに全く噛み合っていなかったのだから、せめて30分で見切りをつけて、40分頃には家長と交代するべきだったと考えます。しかし、70分まで引っ張ってしまった。
 そしてその間、家長を入れたのはいいとして、倉田と二川の二枚替えを敢行したため前での組み立てが崩壊。監督の采配がこれでは…無念ですが、結果を求める、勝ち点を得るのはちょっと難しかったと感じました。



 まあその、もうひとつ、試合単体でみたら触れなきゃいけないのが藤ヶ谷さんなんですが…もうしょうがないかな。ラインベタタイプのビッグセーバーが、年をとり反射神経とフィジカルが衰えだしたらこうなるのかなと、(スケールこそ違えど)ジダのことを思い出しながら個人的には思っています。



muimatoba at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba