Dezember 2012

25.Dezember.2012

【強い方の大阪選手権試合兼天皇杯準々決勝】 ガンバ大阪 2-1 セレッソ大阪

「強い方の大阪」選手権試合(勝者選手権1年間持ち逃げ)
 AET ガンバ大阪 2-1 セレッソ大阪
 *ガンバ大阪が強い方を奪取
 
 試合内容については「キレてないですよ」と言いたげなコンちゃんのコメントをフルでご参照ください。これを読んだあとだと書きようがないですw
 それでも言の葉をひねり出すと、個人的には文句のつけようがない、お隣さんにしてみればぐうの音も出ない内容。決め切れなさが響いて120分戦う羽目に陥りましたけれど、「完勝」と誇って差し支え無いと思います。
 そうなった最大の要因は、頭からコンちゃんをボランチで起用したこと。守備から入ってゲームを支配するという監督の思惑を象徴する起用でありますが、これがチームの土台となり、多少守備寄りではありながらも攻守を活性化させる結果に。
 それにしても、コンちゃんの異様に広い守備範囲、Jのボランチの水準をはるかに超える寄せの速さと奪取力は、往年のマケレレを思わせる圧倒的なものでした。そして組み立てのアクセントとなるミドルパスとシュートも秀逸で、掛け値なしのマンオブザマッチ。ガンバでの適職はやはりこちらなんだろうな、という獅子奮迅の働きぶりでした。
 ACLに出る出ないは別にして、来年はこれが基本線になるのではないでしょうか。いや、J2のカウンターケア―― セレッソが延長まで持ちこたえたのは、外国人抜きとはいえお隣がスキルを持った選手を持つJ1クラブだからで、この試合をみたJ2のクラブ関係者は頭を抱えることでしょう――を考えると、そうあってほしいと思います。

 そんなこんなで「強い方の大阪」を当然の如く取り戻したガンバ。天皇杯制覇・ACL出場まであと2勝ですが、決勝よりもむしろ難関となるのは次の準決勝、鹿島戦でしょうか。
 レアンドロが出場停止となるため攻撃面での一工夫が求められる一方、守備面では(お隣の杉本とは比べものにならない)現在日本人ナンバーワンポストプレーヤーである大迫への対策を迫られる。
 かといってコンちゃんボランチでこれだけ安定することを考えるとそう大きく弄るとも思えないことから、攻撃面では――川西がとても万全とは言い難い状態なので――家長ワントップ気味の実質ゼロトップ起用をみてみたいと思います。往年のスパレッティ・ローマの即席再現。明神にアクイラーニをやらせるのかと言われるとちょっと違う気もしますが、デ・ロッシことコンちゃんが縦横無尽に働いてくれることを期待して。
 守備面では、これもやはりコンちゃんがボラにいる分、岩下を中心に粘り強く戦いこぼれ球を拾いながら、時折ルーズになるボランチ二人やドゥトラの生むであろう美味しいスペースを衝きたいところ。
 とにもかくにも、あとふたつ!
  
 



muimatoba at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

17.Dezember.2012

【天皇杯 Round 16】ガンバ大阪 3-2 FC町田ゼルビア

負けたら終わりというカップ戦ながら、3バック、コンちゃんボランチ等色々試すということが事前に報道されていた町田戦。
録画中継しか視られない身としては、お絵かきしながらTL等で流れてくる3バック大失敗的雰囲気に頭を抱えつつ、4バックコンちゃんボランチで落ち着かせ最後はヤットのFKで押し切ってたとの報で安堵しておりました次第。

それで実際に映像を視ましたが、うん、確かに大失敗でしたw
3バックといっても、ガンバのメンバー構成的なことを考えると組み立ての時には流動的に4バックにもなってパスコースやらスペースを確保するものだと思っていたところ、あくまで後ろが3枚のまま両サイドを上げっぱなしにしている形。
そのためボトムとセントラルが間延びしてしまいビルドアップもままならず、荒っぽい(J2はこんなもんですが)プレスに簡単に引っかかってしまう。
ビルドアップがこういうやり方だと、ロングボールを変態大型FWに放り込んで時間を作ってもらうとか、コリンチャンスばりに変態繋ぎを見せるとか、そういうことができないと優勢に進めるのは無理でしょう。しかしながらレアンドロに放り込むわけにもいかず、しかも両サイドのWBが佐々木や倉田のスペースをつぶしているので、サイドで動き出してロングボールを受け取ることもできず。
頓死というか窒息というか、そんな状況でした。
事実、聡太がとられたPKもそんなそもそもの組み立ての不備からボールを奪われてのもの。シミュといえばそうですが、そのときの戦況を考えると致し方ないかと思います。


それで失点後あたりからこりゃいかんと、3バック同様準備していたというコンちゃんボランチ起用を採用し、4バックとなったガンバ。これでひとまず試合は落ち着きました。
運動量、アプローチの勘と強さ、後ろへのヘルプにサイドへのフィード。コンちゃんはやはり使うならボランチだよなあ、と再確認。蛇足ですが、実はこっそりと、代表でもガンバでもヤットとコンちゃんのボラが一番いいんじゃないかと思ってるんですよね。
ガンバでやる場合は、藤春の守備面での頭脳が著しく成長するか、さもなくば左SBに違う人間を連れてこなければいけなくなりますが…
最終的なCBの構成がどうなるかはまだ未定ですけれど、いつまでも大明神におんぶにだっこするわけにもいきません。健太がそのあたりを整理してコンちゃんがボランチのレギュラーとして活躍してくれれば、それだけで昇格はかなり有望になるかなと思います。

その後はお約束のように年一級のゴラッソを被弾して往年のプロレスサッカーを想起させつつも、きっちり3得点をしての勝ち抜け。
組み立てが落ち着いたことから「3点は取れるだろう」という流れになりましたので、スコアこそ僅差ながら順当な勝利と言っていいかと。ただ、もう少しレアンの後ろから入っていく動きがほしかったですかね…

次は臨時ダービーですか。
お隣は外国人選手がいないせいか、引いたシンプルなブロッキングからダイレクトなカウンターを放つ全く別のチームになってますので、その辺りをどう崩しにかかるか。茂庭の相方さんがちょっと怪しい感じなので、そこを突っついて釣り出したいですね。



muimatoba at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2.Dezember.2012

降格について

 結果としては勝てば残留だったところ、ジュビロに1-2で敗戦し、J2降格。新潟の奇跡の残留をお手伝いすることと相成った。
 
 色々な思いがあることと存じますが、個人的には、降格が決まってからこのかたずうっと、悔しくもなければ、嗚咽にむせぶわけでもなく。ただひと言、「是非に及ばず」といった心境。選手たちを信じて夢を見つつも、早い段階で覚悟していましたから、そうなのかもしれません。マンUだって降格経験(しかも当時マンCにいた往年のマンUのエース、デニス・ローに現役最後のゴールをぶち込まれて降格という身体を張ったネタ降格)があるんですから、やり直せばいいでしょう

 PSMの鳥栖戦を視た時点で「あかんぞこれ」と思ったのですが、実際に「危ない、降格して何の不思議もない」と思ったのは、セホロペがキャンプで施した練習内容が、メディアを通じて漏れ聞こえてきた頃からでしょうか。
 キャンプで鍛え上げた体力と共通理解を土台に、監督が時には思いっきりフリーズしつつも状況に応じて微調整を施し、選手は土台を応用しながら相手にポゼッションを見せつつ、機を見て破壊的なカウンター(これがアキラのキーポイントだったと思います)を繰り出し、一方できっちりお笑いも演じてしまう愛すべきチーム。
 それこそがガンバでありましたが、前強化本部長が協会から「S級無理」と突きつけられても拘って、置物つきでクラブに経済的大損害をもたらしてまで連れてきた彼らがキャンプでしたことは、実践的な練習ではなく、自分たちの描いた画餅を見せただけ。

 そうして土台の基礎を取り払ったばかりか、無能ゆえに替わりの基礎どころかグランドデザインすら用意できなかった。昔、クリンスマンが「ブラジルに勉強に行ったけど時代遅れで何もなかった」ってインタビューに答えているのを読んだ記憶がありますが、ブラジル代表ですら戦術的にはかなり適当ですから、彼の国の指導者育成の現状は本当にそうなんでしょう。
 そんな、何もない男たちがチームの何もなくしてしまった。
「最終的には選手の意識の問題」と切って捨てるのは誤りだと思います。譬えるなら、今年のガンバの選手たちは減量大失敗でまともな準備が出来なかったボクサー。そんな彼らに、100の力を出せと言うのは無理。出しているつもりでも、出るわけがないのですから。ガンバの選手たちはまさにそんな状態で、1年間を戦ったのだと思います。
 上下の差がほとんどないJ1において、体力と戦い方の基礎を取り払ったまま戦いの場に放り出した。これは致命傷でした。

 その後松波が就任して何とかしようとしたけれども、どうにもならず。
 この件についても、まともなフロントなら代理監督として起用し、代わりを探すのが筋でしょう。土台のあるチームならともかく、そうではなくなっていたのですから。ルーキー監督には到底手に負える状況ではなかった。
 しかし前強化本部長は普通の手段をとらなかった。最早彼はまともではなかったと言う他ないです。

 松波については、個々の試合では突っ込み所も色々ありますが、全体としては責められません。責められるべきは前強化本部長とセホロペ。
 だから、最終的に10億近い(と思われる)金銭的損害と不名誉をクラブに与えた前本部長については、取締役解任・クラブから放逐が筋でしょう。また、将来を見据えて、タイミングを見計らって梶居現強化本部長(彼はたとえ「院政下」にあるのだとしてもよくやっていると思います)の上に外からGMを連れてきて、責任と権限の所在を明確にする。
 そうすれば、特に前者ができれば、この降格もクラブ・サポーターにとって意味のあるものにできると考えます。

 そのうえできちんとした新監督のもと、J2へ。私見ですが、甘くはないですけれど、主力が残留してくれれば、必要以上に恐れることもないと思います。むしろ怖いのは審判……w

 天皇杯もあることですし、新監督やら来年の見通しやらについては、またある程度決まってからにしましょう。
 とりあえず雑感まで。

muimatoba at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba