Januar 2014

7.Januar.2014

明けてましてオメデトウゴザイマス

 もう6日ですが、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 年末年始は某クラブのサポに「来年も頑張ってね」と言って仕事納めて帰ったら米倉が来てたとか、
愛するバンドのライブで年甲斐もなくはしゃいだりとか、

朋遠方より来たりておでんを食したりとか、

天皇杯の決勝を観戦しに行ったりしつつ、


八幡宮でガンバの必勝祈願をしてまいりました。


 一応サッカーブログなので天皇杯の決勝について軽く書きますと、「ポゼッションで試合を殺せるチーム」vs「試合巧者揃いの試合を殺せるチーム」ということでミスが勝敗を分ける試合になると思っていたのですが、思ったよりも早く起こったサンフレッチェ守備陣全体の大きなミス(小林祐三を五人がかりでも止められずDF全体が「ボールを見せられた」)をきっちりと先制点に結びつけ、石原のシュートを防ぐとセットプレーで追加点を叩き込み、その後の反撃を凌いで後半は試合を殺した、F・マリノスの完勝でした。

 サンフレッチェの強みは―分厚い攻めが出来るだけのベースがありながら―守備を固めて先制し、先述のように「ポゼッションで試合を殺す」ことで、中位~下位ならびにお得意様に対する取りこぼしを圧倒的に少なくし、リーグ戦で上位に位置できることだと思っております。
 が、一方でACLでの対戦相手やこの日のマリノスようなツボを心得ているクラブや、堅牢な守備網を突破できてしまうだけの攻撃を組み立てられるクラブに対しては、最終的に勝ち点を取れたとしてもどうにも分が悪い印象があります。この日もそれが出てしまったのかなと感じました。

 一方、F・マリノスはさすがでした。もともと分の良い相手とはいえ、カップ戦の決勝でリーグ王者に勝つためには何が必要かを心得、自分たちの武器(セットプレー)を活かし、きっちり先制して追加点を加え逃げ切る当たりは流石のひと言。
 来季に向けてはFWの補強がどうなるのか、さすがに局面のスピード勝負では衰えを隠せないドゥトラの代わりをどうするのかはまだ見えませんし、何よりACLとの両立が問題となってくるでしょうが、ガンバが彼らと試合するときはとにもかくにも先制点を奪われないことが肝要とみました。

 ガンバの補強等については、ある程度出揃うであろうキャンプが始まる頃に書こうかなと思っております。
 が、言うまでもなく、ガンバの目標はタイトルでしょう。目指せタイトル!
 それでは改めまして、本年も重ねてよろしくお願い申しあげます。



muimatoba at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba | Yomoyama