März 2014

31. März.2014

2014 J1第5節 サガン鳥栖 2-0 ガンバ大阪

 今年は全試合更新と思っておりましたら、4年半使っていたPCが広島戦後見事に昇天。そんなわけで1回お休みをいただき失礼いたしました。Windows 8.1は面倒だし、GWの遠征費がパ~だしで、心はムンクの叫び状態ですが、ボーナス出る(はずの)中断明けはどしどし遠出するぞと心に言い聞かせて頑張ります。

 さて鳥栖戦、広島戦での阿部の好調と、いっこうにコンディションの上向かない倉田の現況を鑑みた監督は、得点力不足の解消を見据え佐藤をワントップ、リンスを左サイドに起用しての4-5-1気味の戦い方を選択。遠藤はFWではなくトップ下という位置づけでした。そこには、鳥栖のロングボールのこぼれ球を拾ってしっかりビルドアップするという意図もあったのではないかな、と。

 この選択、一見するとうまくいっているように見えましたが、その実、遠藤が後ろに下がり(かつ、攻守のサポートを頻繁に繰り返す彼本来の運動量は今のところ望むべくもなく)、それに合わせて今野もCB気味のポジション取りをすることにより、カウンターチャンスに遅攻のリズムを持ち込んでSB以外のサポートを薄くする形に。
 さらに、本来カウンターアタックで一気に抜けきったり、走ったところに当ててあげたりという形を得手とする佐藤や、シュート力が魅力の阿部にキープや過度の動き直しを強いることになり、ふたりの位置に入れたらボールを失うことが多く、たとえキープできてもサイドを攻めたら真ん中が足りない、真ん中に集めたら集まったきり、そういった具合になっていました。遠藤に攻守のサポートを頻繁に繰り返す彼本来の運動量があればもっと機能したと思いますが、残念ながらこの日もコンディションは良くないまま。そのため、攻撃の厚みという点ではこれまでと比べて退潮を示す結果となってしまいました。
 
 なんと言いますか、監督の講じた策が裏目に出てしまった印象です。そのためこの日のガンバは「実効性のない攻めは攻めにあらず」という状態で、豊田とのエアバトルに関しては失点シーン以外完勝していても、チームの戦い方という面では常に後手を踏んでいたかな、と思います。
 そんな状況下で鳥栖の守備陣に具体的な危機感を抱かせることができたのは、ボディワークを駆使してえげつない抜けだしを繰り返したリンスの個。ユニットとしては、失点後に二川が出て、阿部や佐藤、よりゴールに近い位置へと移ったリンスの役割が整理されてからの15分くらいでした。
 しかし皮肉なもので、その二川がとても残念なミスパスをしてしまい、決定的となる2失点目の原因となってしまいました。ただ、このパスミスを呼び込んだ一因は、明神がいない状態で丹羽を外し、今野と遠藤を一列ずつ下げるという采配にもあるような。タスクをシンプルにして前線のメンバーの長所を活かすためにも、二川と替えるべきはセットプレーでのキックの精度が悪く、体力的にもあっぷあっぷに見えた遠藤ではなかったかなと、思います。

 守備の方は飯田主審の(いつも通りの)不安定な笛によく耐えていただけに、失点を責めるのは酷と言うもの。1失点目は一瞬のマークミスこそありましたがそんな唯一無二の好機を生かしたクロスと豊田双方の質の高さを褒めるべきですし、2失点目は前掛かりになったところでのミスから食らったカウンターでしたから。
 やはり問題とすべきは5試合で3得点、気がつけば徳島、仙台に続いて下から3番目となってしまった得点力不足。守備のベースはあるだけに、「宇佐美待ち」と言わずに早く立て直したいところです。ヒントは……相手云々は抜きにして、最も攻守がスムーズに連動できたナビスコカップの神戸戦にあるような気がします。どんなに絶対的存在でも、コンディションが悪ければ外して切り札とし、シンプルに。


muimatoba at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

22. März.2014

2014ナビスコカップGL 第1節 ガンバ大阪 2-0 ヴィッセル神戸

 ダークソウル2の難儀さと仕事に音を上げつつ、気がついたら明日は広島戦なのでざっくりといきます。

 お互いターンオーバーをしてゲーム感が不足気味の選手をスタメン起用したこともあり、最初は試合をしながらの調整といった趣で、どちらかというと神戸の方がスムーズな展開。しかし、厄介な森岡を捕捉することに成功してからは落ち着いて試合を運び、後半開始早々の2得点へと繋げてそのまま勝ちきることができました。欲を言えばもう1、2点は取れたかなという気がしますが、それに関しては神戸のGK山本とDF北本の、最後まで集中力を保ってすんでの所で防いだプレーが見事でした。

 そして、MOMは何と言っても明神。今季初スタメンでも速やかに試合に入り、チームを牽引してくれました。とにもかくにも下記の通りの、素晴らしいプレーでした。 
 守備時はCBやGKと連動してバイタルに蓋をしつつ、攻撃時は、時には自分できちんと前に組み立てのパスを送りながら、DFラインと攻撃陣の間で前過ぎず後ろ過ぎない絶妙なポジション取りをして次に備える。コンディションが調えばこれくらい軽い軽い、と言わんばかりの明さん、お見事でした。
 内田はどうしても守備が気になるのかポジション・プレー選択とも重心が後ろ過ぎるきらいがあり、また、遠藤っぽい待ち方を試みてしまうところが見受けられる感じなので、今野も必然的に下がらざるを得ないのだろうなあ、と、この日の明神のプレー、ならびに78分にその明神と内田が交代してからのチームのテンションがいくらかダウンした様子で、思い至りました次第。
 そして、明さんのそんな大車輪ぶりのおかげで、今野も安心して前に行って攻撃参加が出来ていました。とにもかくにも彼の存在とプレーが、もう1つのポイントである、「遠藤が欠場で2トップになった分シンプルな攻撃で意思統一できた」ことの良い点も引き出し、SBやボランチの適切なサポートを促し、時間が経過するにつれて(もともと計算できる守備と)良い循環を生み出したように思います。
 
 ベテランゆえに週2ペースになるとさすがにキツイとは思いますが、明神のコンディションが維持され向上 していけば、レギュラー再奪取も視野に入ってくるような気がします。リーグ中断後のナビスコカップは、(おそらく代表組は合宿なので)内田と明神で安心かなと。
 そして内田もそうならないよう頑張って欲しいなと思います。こんなにも素晴らしいお手本が同じクラブに居るのだから。 

muimatoba at 12:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

18. März.2014

2014 J1第3節 ベガルタ仙台 0-0 ガンバ大阪

 0-0。以前であれば「事故」のようなスコアですが、どんな試合でもこれが普通に想定される今日この頃。
 ガンバサポの皆様としては各々色々と思うところはあるかと存じますし、私も心の深淵ではゴールを貪欲に奪いにいくイケイケなガンバが見たいという思いを滾らせてはおりますが、0-0が普通に想定できるということは、勝ち点1の計算はある程度立つということなので、混戦のJにおいては降格せずに上位をうかがえるチームであるという、利点なのではないでしょうか。私はそう捉えています次第。

 さてこの試合、「バイタルが空く」という仙台のスカウティングは半分当たっていて、半分外れていると言うべきかと思います。
 ガンバの守備網は2CBのカバリングとGKが連動して釣り出されないようになっているうえ、今野と内田が巧妙に線を切っているので、対戦相手としてはかなりの人数を掛けてワンタッチで崩すか、ドリブルで抜くか、もしくはブロックを築かれる前にショートカウンターに持ち込まないと、そうは好機を作れない。
 ガンバ側からみると、攻められているようで、そんなに失点する気配はない。得点機を作られそうになっても、「ファインセーブを産む」お膳立てくらいは調えてGKに委ねられる、そういう守り方ができています。実際、仙台に対して流れの中から完全な決定機は与えませんでした。
 セットプレーでの紛れは別にして、なかなかの守備が出来ています。
 
 ただ、サッカーは失点しなければ負けない一方、得点しなければ勝てません。よって、これからは良い守備をどう良い攻撃へと結びつけるかについて、日々の練習やナビスコカップなどを通じて仕上げていってもらいたいなと思います。

 仙台戦は結果として公式記録はシュート1本になったものの、攻撃にかけている人数と、そもそもの攻撃陣の出来の割には仕込みは出来ていたので、あまり悲観はしておりません(これがあと1か月続いてしまったら問題ですが)。
 これからどういう方向に持っていくのかは監督のみぞ知るところですが、以下のような展開が考えられるでしょうか。
・このままのライン設定でロングカウンターをメインに据える
・ラインを上げて前でコンパクトネスを保ちつつ、適宜下がって全体の上下動ができるようにする
・ブロック優先のボランチを崩して構成時点で前のめりになる(遠藤や岡崎〈復帰したら〉のボランチ起用)
 ただ、ロングカウンターをメインに据えるなら、スタメンは考えないといけない時期にさしかかってきたように思います。

 宇佐美が不在で、さらに倉田が本調子にはほど遠い現状でローラインからロングカウンターを放つには、米倉か大森が推進役となって前に運ぶか、CFのところで納めてもらわないと攻撃シーンが増やせない。ところが、J1のDFと相対した場合、佐藤では後者の役割がちょっと怪しい感じです。
 であれば、残る選択肢はリンス。
 本来はセカンドFWもしくはサイドでウイング的に使いたいところですが、彼ならCF起用でも守備タスクをこなし、守から攻へと切り替わった際には左右に動きながらボールを引き出して、ある程度の時間を作ってくれることでしょう。周りと合わせる意味でも、水曜日のナビスコカップで、是非ともスタメンテストを。

 そして、ロングカウンターを想定してもう一点気になるのはボランチの役割。
 彼らのところから積極的に縦のボールが出て、彼らが機をうかがって攻撃参加してくれるようになれば、閉塞感もかなり解消されると思いますので、内田と今野、特に内田には自信を持ってそういうプレーを選択してもらいたいなと思います。内田の将来のためにも。

 箇条書きの残り2つについては、時間があったら書いてみたいなと思います。


muimatoba at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

10. März.2014

2014 J1第2節 アルビレックス新潟 0-2 ガンバ大阪

 ホームでの開幕戦を落としたため、是が非でも勝ちたかった2試合目を見事に2-0で勝利。とりあえずほっとひと息つくことができました。

 展開は押し込まれる時間帯が長く、最終的なシュート本数も新潟の方が上ではありましたが、ヤットさんのコメントの通り、完成度の高いハイライン・ハイプレスをベースにする新潟相手にそういった展開になるのはチームとして織り込み済みだったのだろうと思います。そのため、特に前半の出来を開幕戦以上に酷いと切って捨てるのは簡単ですが、個人的にはそうは思えません。
 守備では押し込まれクロスを入れられながらも2枚のCBが剥がされるシーンはなく、ミドルシュートはボランチがきっちり危ないコースを切る。セットプレーではマンツーマンで集中力を切らさずに守り、本当に危ないシーンは田中達也が合わせきれなかったシーンくらいかな、と。こっちも佐藤がカウンターをモノにできなかったので、その辺りの「貸し借り」はサッカーでは良くあること。本当に、良く守れていたと思います。

 ゆえに新潟戦は、むしろ、彼我の状況を整理した上で、スクランブルな手段(米倉をMFで先発させ、行方不明気味になると試合中に動きを整頓・調整)も交えつつ、基準が不明朗な主審の判定にも耐え、相手の息切れを待ってから得点しきっちりと勝ち点3を射止めた試合、と評価すべきと感じました。
 試合の分水嶺は遠藤と岩下が阿吽の呼吸でもたらしたセットプレーによる先制点と、その前の田中達也の交代。
 プレス、キープ、リズムチェンジ、フィニッシュと素晴らしいパフォーマンスを見せ、新潟の攻撃に厚みを加えていた彼が鈴木武蔵と交代することで、新潟の攻撃は単調さを増し、結果としてガンバの守備網に捕捉され、試合はリアリズムに徹したガンバのペースとなりました。
 そして生まれたのが、上記の先制点。その後、クロージングと追加点を意図して投入された大森が見事に試合を終わらせるゴール(祝、J1初ゴール!)を挙げ、岡本の大チャンス以外は危なげなく守り切り勝ち点3を手にすることができました。
 
 切り替えの時にサイドが前に出て、ワンテンポ遅れてよっこいしょと真ん中が上がる点はちょっと危なっかしいので、そこはこれからまた詰めていって欲しいと感じますが、今季の鍵となる内田も攻守に成長がみられましたし、セットプレー以外ではそうそう失点しない、とても「しぶとく渋い」チームになりつつあります。
 宇佐美の離脱によりキャンプからの懸案となっていた攻撃も、遠藤FW起用を早々にあきらめて倉田に佐藤のサポートとキープを担わせ、その位置を試合中に微調整(前半センター寄り→後半はサイド寄り)し、米倉や大森の能力を活かすなど、前節を踏まえた工夫が見受けられました。監督はベース(守備)の構築を優先しつつ、攻撃は実戦を通じて調整するというスタンスで、できる限りのことはやっていると思います。

 まあ、面白味に欠ける、そんなのガンバじゃない、と言うのは簡単でしょうけれど、現状の選手層および選手構成(FW不足)をもとに目標に向けて出来るだけ勝ち点を稼ぐとしたら、この戦い方が最短距離であることは否めません。攻防一体はまず「防」から。J2で仕込んだ守備の土台をJ1仕様に作り上げることは、ガンバの今シーズン、そしてこれからもっと先にとって、決してマイナスにはならないと思います。

muimatoba at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

2. März.2014

2014 J1第1節 ガンバ大阪 0-1 浦和レッズ

 

 朝に映像をもう一度チェックして書いてます。J1だと日曜にこれができるから幸せや...

 さて開幕戦。点差こそ0-1ですが、相手の守備陣に全くと言っていいほど脅威・恐怖を与えることが出来なかったので、完敗という印象が強いです。J1の舞台に帰ってきたガンバがシーズン初の公式戦で見せた姿は、確かに堅い、けれど攻め手がほとんどない、専守防衛のガンバでした。


 守備は開幕直後とは思えないほど堅い、けど、そこから先がまだまだ未構築と言いましょうか。キャンプのレポ等を渉猟すると攻撃の迫力不足が言われていたようですが、どうやらそれは相当なレベルの模様。キャンプを経ても攻撃的なブラジル人選手を落とし込めていない、カウンターの形も出来ていない、そういう低調な攻撃で、PSMの相手ならともかく平川を起用し周到に対策を練ってきた浦和を相手にするのは、ちょっと厳しかった。

 また、フィジカルコンディションも他のクラブと比較するとあまり仕上がってきていないようで、今後の推移によってはそのあたりも懸念材料となりそうな気がします。

 


 以下、ポイントを。


・基本的な守備組織はJ1でもかなり上の水準と言っても差し支えないくらい出来てます

・ただ、他のクラブと違い攻撃の最初の一歩への切り替えが遅いのが気になる(セカンドボールを拾えず、拾っていても前に運べない)

・GKが東口なので、上記の「切り替えの遅さ」は実のところ結構勿体ないことをしている

・遅攻になると宇佐美の負傷で露見した編制上の問題、つまりFWの駒不足がより顕著に(前に起点もフィニッシャーもいない)

・いくら堅くても受ける時間が長いと、興梠や忠成のチャンスシーンのように失点する危険性は高まるので攻撃力の向上は不可欠(岩下と丹羽は諸々のアジリティが...そのための今野内田でもあると思いますが)

・引いた浦和相手に滑りながらも形をつくってシュートを試みることができるリンスはFWでスタメン、倉田のコンディションがあまり良くなさそうなので推進力のある大森もスタメンで


 そして、当座早急に解決すべきは攻撃力。カウンターの形と遅攻時の組み立て方の基礎くらいは早いところ構築したいところです。鍵はやはり、リンス。


 監督としては(特にスタメンに)「FWが足りない」というメッセージを込めているのかも知れませんが、右サイドのMFとして当て込もうとしていたリンスはやはりFW、ストライカーとして使ってあげないと勿体ない気がしました。

 例えば川崎に入っていれば大久保・レナトとトリデンテで使われたのではないかな、と。

 ガンバで考えると、内田を使いたい、2DMFを崩したくない都合上遠藤の配置に困るなら、佐藤を外してリンスでも問題ない気がします。佐藤を囮で使うなら、1トップ2シャドー的にリンスを入れて倉田や大森と並べる。

 いずれも遠藤は下がり気味のトップ下で、守備の根幹である2DMFは動かさない。これである程度形は出来るのではないかと。ともあれ、今のままでは非常に勿体ないです、リンス。


 前言のおさらいとなりますが、ベースとなる守備組織はあるので、ここからどれだけ攻撃力とフィジカルコンディションを出来るだけ早く上げていけるか、が序盤戦の鍵となるのではないでしょうか。

 そして次節の新潟は、個人的には隠れ優勝候補だと思っているので、攻撃を修正しアウェイとはいえ是非勝って勢いをつけてもらいたいところです。何やら雪が降るかもしれないみたいですが...



muimatoba at 11:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba