April 2014

22.April.2014

2014 J1第8節 ガンバ大阪 2-1 大宮アルディージャ

 MOMはもちろん、腰をしたたかに打った上に顔面ブロックで意識が飛んでも本能で動き回り身体を張り倒し、先制点を決めてみせた丹羽大輝。最高にかっこよかったです。

 さてこの試合、生中継では調子の上がらないチーム同士の試合をガンバがもぎ取った、という印象でした。ところがいざ見直してみると、実のところ監督としてはほぼ想定通りに進んで、勝利という結果はぎりぎりの形になった、そういう試合だったように思います。

 ボランチに重大な問題を抱えているがために前後がリンクせず、攻撃は無理矢理にでも前に入れてアドリブプラスSBの単騎駆け、といった趣の大宮が相手でぎりぎりになってしまう。そういう現実は淋しいといえばそうなのですが、スタメンFWのキープ力・シュート力と守備・走力を天秤にかけて後者を一とし、それに基づいてタスクを課している部分もありそうなので、FWが攻撃面で有機的に機能しないのは仕方ないのかなと思います。 その分、まわりがカバーして勝ちましたし。
 なお将来、鳥栖戦で見せてくれたような「長谷川健太監督によるガンバ風味のサッカー」がリーグ戦でも出来るとしたら、監督がそう仕向けるなら、2トップの選択は復帰した宇佐美と復調した倉田になるのではないかと思います。
 そんなこんなで以下、気になったポイントをつらつらと。 

・勝利のために個性をあえて押さえ込む形をとらざるを得ない2トップ
 前々への守備重視で走り回り、攻撃の時は(もちろんキープからの展開やゴールを期待しつつも)囮役でフィニッシュの本命は阿部、次に大森といった趣。その通り、阿部は江角に全部止められたものの、きっちり形を作ってシュートをふかさずに放っていました。この調子でどんどんトライしてゴールを量産してくれると期待しています。
 そして、水曜の鳥栖戦に45分出た佐藤は最初から「攻撃への脚は多少残しつつも、行けるところまで守備に奔走」というタスクだったのでしょう。彼は、第一の仕事はこなしてくれていたと思います。実際、佐藤が外れてから倉田がフィットするまでの間は、大宮が前に出られる状況でした。結果として守ることが出来ましたが、あそこで後半消えていた家長が突如目覚めたりして一気呵成に来られたら、ちょっと危なかったかもしれません。

・守り方と交代策
 ズラタン、ヨンチョル、家長のユニット対策なのか、チャレンジは許容しつつも少しローライン気味に入り、適宜押し上げる感じに見えました。前半、ズラタンに2発危ないヘディングを許した場面以外はまずまず無難に守れていたと思います。失点は、紛れを狙って高く蹴られたボールに対する東口の判断ミスでしたから。
 それにしても、勝って助けることが出来たとはいえ、東口のミスは残念でした。普通にステイしていれば問題なく処理できたボールに飛び出し、触ることすら出来ずに一時は同点となる失点。
 GKは怪我以外の理由であまりほいほいと替えるべきポジションではないですが、ダービーから続いてしまったので、リーグ戦でもどこかで河田を使い、競争意識を高める必要があるかもしれません。とりあえず東口は岩下先兄貴の説教部屋行きということで……
 また交代に関して、倉田とフタさん投入のタイミングも、コンちゃんでクロージングも問題なかったと思います。――ところが結果としてコンちゃんが決勝点というのがサッカーのわからない、面白いところ。

・誤算や課題など
 そんな、まずまず想定の範囲内で運べたであろう試合が競った展開になった要因は、まず大宮のGK江角の奮闘。
 まさに守護神として仁王立ち。阿部のゴールを許さず、先制点前のジェソクのシュートも弾き出す。キックはたまに「ん?」でしたけれど、まさに守護神と言うべき働き。ガンバの2ゴールはフタの上質なクロスと丹羽の丁寧な(軽い脳しんとうの影響により)無意識と思しきプッシュ、そして左足でふかさずキャノン砲を発射したコンちゃんが一枚上手でした。

 続いての要因は、役割上仕方のないことですが「FWの」リンス。
 真ん中に居るとテンポの速いJ1ではロストが多くなり、キープできても周りを使えず、ゴールへ動こうとすると佐藤とうまく息が合わずで、全般的に蓋になってしまうことが多く、監督の見立て通りやはりサイドの選手なんだなという印象。
 右サイドで仕掛けてボールを運ばせるとキレのあるプレーを見せてくれるので、本来は右のウイングかサイドハーフがいいんでしょうが、となると今や外せない選手となりつつある阿部がいるので難しいところ。宇佐美復帰後、監督がどう動くか注目したいなと思います。

  また、もうひとつ気になるのは、全体のコンディションがようやく上向き基調と思われる中、相変わらず続いている藤春の不調。
 彼のサイドは今井に圧されていたうえに、上がっても至近や標的となる位置にFWがいないことが多く、良くも悪くもシンプルな選択肢しか持たない彼の特徴を発揮させづらいという状況のせいもあったのでしょうが、それを能動的に動いて打ち破ろう、攻撃に絡もうという意識が感じられず、心配な状態です。己の武器、スピードを恃みに自分で縦か横か斜めにはっきりと仕掛ける、そんな動きがほしかったと感じます。
 単純に身体のコンディション不良からきているのか、他に問題があるのかはわかりませんが、この調子が続くと、連戦のどこかで内田裕斗の抜擢もあるのかもしれません。


 次は等々力ですか。色々とおっかないチームですが、一昨年は勝っているので、今年も是非勝利を。


muimatoba at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

17.April.2014

2014 J1第7節兼強い方の大阪選手権試合

強い方の大阪選手権試合
(挑戦者)セレッソ大阪 2-2 ガンバ大阪(王者)
*王者がドロー防衛


 万の衆を向こうに回して万雷の大音声を轟かせ、彼方をまるで烏合の衆であるかのように試合終了まで軽々と組み伏せたまま、選手たちを鼓舞し続けたサポーター。コンディションは相も変わらず良くはなさそうながらも、万策を尽くさんとピッチを駆け回ってくれた選手たち。
 
 2-2という結果には色々な思いが入り乱れます。
 3-1に出来ていればまた違ったでしょうし、(東口のミス云々以前に)丹羽が軽率な動きでハンドを取られなければ、と思います。然れどもこの試合時点でのフィットネスとボールを持ったときの組織力の差を考えると、悔しがりつつも納得しております。東口のセーブと阿部の2ゴール、コンちゃん(結果として軽傷で一安心しました)の負傷交代によるプラン変更によりもたらされた効果、それらがなければ、早々に3点ほど離されてしまい、一昨年の鹿島戦のような破局もあり得たでしょうから。
 けれども、我々は負けなかった。
「仕上がりの差」を埋めてみせたのはガンバサポーターの圧倒的な声援に加え、南野を押さえ込んだ上に、相手のミスから生まれた好機を見逃さずにゴラッソ2発をぶち込んだ阿部ひろゆき(神)と、最初は空回りしすぎていましたが徐々に慣れて交代まで走り続けた大森、両翼の頑張りでしょう。守備タスクをこなしつつ、三人目、四人目の動きも引き受けようとトライし続けた彼らの仕事は、まさに特筆に値すると思います。

 また、相手の長所を潰すことよりも自分たちの攻撃面の特徴を出し続けることにトライするお隣、というかポポヴィッチ監督の戦い方(注:それしか出来ないとも言う)が、コンちゃんの負傷交代で佐藤が入ったことで早々にボランチへと下がった遠藤に自由な配球を許容する形となり、奇しくもガンバが忘れていたものをほんの少し思い出させてくれたため、ライト層にとっては単純に面白い試合になったと思います。
 もう時間が経ち、書くべきことは他のサポーターさんが書いてくれていますので、(佐藤とリンスの使い方も気になるのですが)私は1点、最も気になったところを。 

・守り方の変化による攻撃改革と、それに悩んでいると思しき左SB
 先制点を奪われた流れは、こちらの人数が多かったにも拘わらず相手陣深くからフォルランのシュートまで、ほぼプレッシャーをかけられずに繋がれてしまったもの。
 敵陣まで出てフォルランにアタックした岩下がボールに触れず、そのまま相手が戻したボールを親の敵であるかのように追いかけてしまったことで、その後シュートを打たれるまで終始浮ついたままになってしまいました。
 相手が戻した瞬間に切り替えて戻りながら、内田と2人でフォルランを挟み込めれば違った展開になったかなと感じます。また、その後の一連の流れの中で藤春が全く守備に参加できず漂ってしまったのも痛かった。
 
 さて、先制された場面をあえて取り上げたのは、ここのところの「守備の綻び」が、懸案事項である攻撃の迫力および得点力の不足を、CBやボランチが前に出て前を向いて奪うシーンを増やし、そこからスムーズなカウンターへの移行を促すことで解決しよう、という監督の算段に起因していると感じたからです。
 鹿島戦ではボランチがあまりに野放図に動いてしまったのでよろしくない試合となってしまいましたが、そのあたりはある程度整理されていましたので、あれは建築途上の大失敗だったのでしょう。
 
 ゆえに、「バイタルは意地でも空けないぞ」というシーズン当初の方向性は「リードしてから守り切るための選択肢のひとつ」となりつつあるように思います。実際、今野と内田をスタメンのボランチに配したこの試合でも、がちがちに4-4ブロックで守るのかと思いきや、前へのアタックは許容されていました。
 そして監督の狙い通り、阿部の2点目はボールの落下点をいち早く察知しインターセプトに成功した内田のそういった働きから産まれました。が、一方でこの戦い方は前からきちんと追い込んで、コンパクトネスをしっかり維持して、ラインを上下動させないといけないので、それ相応の攻めきる力と切り替えの速さが求められます。それゆえ、懸案となりつつあるフィットネス面の向上は喫緊の課題でしょう。

 そして、隣のCBがお出かけした場合、SBは一時的にスライドして(絞って)カヴァーしないといけません。ベテランの加地さんやCB経験のあるオっさん、違ったジェソクは問題なくこなせるタスクなのですが、藤春の場合、攻撃面では元来使われてなんぼのタイプなのでJ1レベルだとビルドアップで詰まってしまうのもそうですが、それ以上にこの「守り方の変化」にいまいち心身が乗り切れておらず、不調に拍車がかかっているような気がします。
 これからの練習でフィジカルが向上してくれば、動けるために自然と応対できるようになり、彼本来のプレーを見せてくれると思うので、まずは(彼だけでなくチーム全体もそうですが)コンディションと練度の向上を祈ります。
 もし彼の不調が長引くようだと……凶悪なポテンシャルを秘めた若者、内田裕斗にスタメン奪取のチャンスが与えられるのではないでしょうか。

・おまけに佐藤とリンスについて
 前者は「カウンター時にもっとフィニッシュに専念させられないものか」という点です。彼に色々背負わせるのは、かえって勿体ないと思います。
 後者は、何というか、そのですね、前半の絶好機で見せた運動会のお父さんのようなシュートモーション(もちろんダフって逸機)や、これまでのプレー、そしてサポーターさんの話を総合すると、ストライカーとして使うのは「蓋」になってしまうのではないか、サイドからのチャンスメークに専心してもらいシュートは副次的産物として考えるべきではないか、ということです。ボールの置き方やドリブルは本当に頼もしいので、シュートがうまければジュニーニョ的に使えるのでしょうが……


 さて次はホームで大宮戦。ここをしっかりと勝ち、中断までの14試合の後半戦で出来るだけ勝ち点を積み上げましょう。!


muimatoba at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

7.April.2014

2014 J1第6節 ガンバ大阪 0-2 鹿島アントラーズ

 ホームで鹿島戦にもかかわらず観衆は13,000人弱という淋しい入り。今季の試合内容のせいなのかと、未だにちょっと気になってしまっております。
 さて試合ですが、攻守のバランスという点では今季ワーストと言って良い内容でした。その原因は以下の二点かなと感じましたので、それについて書いておこうかと思います。

ポイント1:どうにも上がってくる気配のないコンディション
 個人的に現状で一番の問題と感じているのは、FWの編制の問題以上に、J1、J2ひっくるめ、他のクラブと比べ極端に劣っているように見受けられる個々のコンディション。キャンプでもうちょっと身体を作れなかったものかと、首をひねっております。
 この試合でも一歩目が遅く、当たり負けが多く、カウンターのシチュエーションでサポートに走ることも出来ず、三人目の動きやトライアングルを形成することすら能わず。ガンバはそのような状態でした。そして、頼みの綱である堅守が遠藤のボランチ起用とそれに伴う戦い方の未整備により綻んでいたため、一昨年初期を彷彿とさせるサッカーを展開する羽目に。 
 倉田は本来なら試合に使えるコンディションではないと感じましたし、その他スタメンのフィールドプレーヤーたちも60分過ぎにはほとんど「おつり」が残っていない状況に陥っているように見えました。スタミナ自慢のはずの藤春が疲労困憊なので、チーム全体のコンディションがよほど悪いのだと察します。
 
 ピリオダイゼーショントレーニングによりこれから上がってくるから大丈夫、という設計なのでしょうが、開幕から振り返ってみても、とても上向いているようには見えません。他方、J1はそんな目論見を許してくれなかったということでしょう。
 キャンプで追い込まなかったことがコンディション不良を招き入れ、それにより結果が伴わずかえってクラブを追い込む形となっているのではないか、そんな疑念を抱かずにはいられません。
 

ポイント2:ボランチ遠藤の継続による守備の自壊
 清水戦の状況を考えると続けるとは思えなかった起用ですが、監督は攻撃力の向上を旗印にこの日も継続。それが完全に裏目に出てしまいました。

 1) 相手ボール時は基本的にステイ
 2) 攻めるときは開かないで上下動にとどめる(開いたらすぐ戻る)
 これが守備の核だったのですが、遠藤は決して十分ではない状態でそれに囚われずフリーダムに行動し、らしくないミスを連発して苛立ちを露わに。ついでに今野もせわしなく動き出したため、いつもの運用を試みたとおぼしきDFラインは「店ざらし」に。そのため鹿島に攻めきられてリセットされる形が多くなり、良い守備から良い攻撃に移る機会をほとんど得られませんでした。
 本来「良い守備=良い攻撃」なのですから、1)を破るのであればラインを上げてコンパクトネスを維持し、2)を破る場合は本人がテンポ良く持ち場に戻る、もしくは一時的にサイドハーフがケアしないといけないのですが、試合内容から類推するにそういう練習はしていなかった様子。どうしてそうなってしまったのかは一サポになどわかりませんが……
 いくら丹羽が指示を飛ばして岩下が身体を張っても、これで守りきるのは無理(ゆえにこの試合で彼らを責めることは難しい)です。ダヴィが「ハズレの日」だったので後半押し迫る時間帯まで0-1でしたが、彼が普通なら前半で勝負は決まっていたような気がします。
 
 さて、この結果を受けてダービーで監督がどう動くか。

 幸い二年前と違い、堅牢な守備組織という「よすが」はあります。それに立ち返ってまずは残留に向け再スタートを切るためにも、ボランチは今野・明神・内田から選び、遠藤はトップ下が妥当でしょう。ただ、個人的にはカウンターでシンプルに攻めきることを第一義とするために、コンディションが調わないうちはベンチで切り札となってもらう方が良いように思いますが…… 

 そして攻撃面で考えてあげたいのがボランチいじりではなく、佐藤の起用法。
 私は、ボックス内でのストライカーとしての感覚と動きはチーム内で2番手、リンスより上だと思います。上手い下手は関係なく、ちょこんと合わせられますし。
 ところが現状はいろいろなものを押しつけすぎて不憫な状態。いっそ、守備タスクを中央に限定し、常にカウンターに備えさせてゴールに真っ先に迫らせてみては?
 リンスはシュートモーションが大きく、かつ最初から中央にいるとうまくスペースを使えないきらいがあるので、彼はツートップの一角ではなくサイドからアクションさせる方が魅力的です。佐藤が一番槍を狙い続けることで、リンスにもシュートモーションの大きさが許容される、神戸戦の先制点のような瞬間が与えられるはず。

 原点に返ってシンプルに、そう、シンプルに。 そして、ダービーを制しましょう。

muimatoba at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

3.April.2014

2014ナビスコカップGL 第2節 清水エスパルス 1-0 ガンバ大阪

 なんだか、無得点に慣れてきた今日この頃。はっ、いかんいかん。

 小川スタメンで二川と縦の2トップ(倉田と2トップかと思ったら二川とでびっくり)、遠藤今季初のボランチ起用、CBが西野と正也、などなどテスト色の濃い試合でしたが、まず何よりも印象に残っているのは、開幕からひと月経つにもかかわらず全体的にフィールドプレーヤーのコンディションが今一歩に見受けられること。オやリンス、コンちゃんは向上してきているのが救いですが、そのほかのメンバーはちょっと心配。特に倉田と遠藤はどうしてしまったんでしょうか。清水の出来も正直なところ良くなかっただけに、それが妙に印象的でした。

・遠藤のボランチ起用
 さて、この試合のポイントはやはりこれ。現状のメンバーで攻撃力を向上させようと考えると頭に浮かんでくるものの、4-4、特に礎となる4-2のブロックの堅さを弄ることになる策である遠藤のボランチ起用ですが、ついにこの試合でテスト。ただ、結果は思わしいものではありませんでした。
 
 失点は遠藤が無理に突っかけてバイタルを空け、DFが対応できない速度で縦縦にパスをつながれて、(オフサイドにも見えますが)長沢に沈められたもの。清水としては、遠藤ボランチ起用の弱点を見事に衝いた形でした。
 ただ、一番の問題はそこではなく、ある程度守備は大目に見てでも攻撃力を重視した起用であるのに、肝心の攻撃がうまくいかなかったこと。
 前半は小川と二川の2トップがうまくいかず、それに両翼の機能不全が加わって時間を浪費。後者が攻撃の停滞の主因であったかと思います。
 そして0-1で始まった後半は、清水が引いてエリア内だけがっちり固めてシュートコースを切る守り方に徹したため、惜しいシーンもありましたが、清水のGK櫛引の言うようにシュートを概ね守備側の意図通りに打たされていただけでした。

 さて後半のような状況、本来であればそういう時こそボランチに遠藤を置いていることが生きてくるはずでした。ボールを捌きつつ細かく動いて抜群のポジショニング勘で相手の厭なところに侵入し、紛れを生み出し得点機を作り出す。後ろから出てくる分、それが抜群に効いてくるのですが、そういうシーンは見受けられず。清水も決して良い出来だったわけではなく、そのうえ右SBは明らかな大穴であっただけに、残念でなりません。紛れを生み出しかけていたのはリンスの個人技と、オ・ジェソクの気魄でした。

 というわけで、清水戦の具合からすると、リーグ戦でのボランチ起用は難しい、攻撃面での利があまりにも少ないな、と思いました。
 今シーズンの遠藤(と倉田、それに二川もそうですが)については頭に体が追いついていかないのか、体のコンディションが良くないから頭が回らないのかはわかりませんが、本来の遠藤を知っているだけに、こんなはずじゃなかったという気持ちでいっぱいです。セットプレーでのキックもキレがなく、倉田ともどもちょっと休んで別メニューで立て直した方が良いのかもしれません。一刻も早いコンディションの良化を祈ります。

・小川スタメン起用
 ワントップ気味に動き、裏を狙っていきなりヨン・ア・ピンと相対しろという、思い切った起用。主力を休ませつつ誰かFWを入れないということで、エブソ…違った、小川しか選択肢が残されていなかったという面もあってのことでしょう。
 裏抜けを繰り返したもののオフサイドになる場面が多く、いかんせん前半はサイド攻撃が死んでいたこともあって見せ場はなく45分で交代となってしまいましたが、いい経験になったと思いますし、糧にして成長してくれると信じています。 


 それにしても得点が遠いガンバ。監督は手を替え品を替え試してくれていますが、編制から考えると宇佐美が復帰するまでに打てる手立ては打ち尽くした感もあります。
 按ずるに監督、攻撃はアウトライン(メンバーと初期位置)だけ決めてあとは選手の自由裁量といったスタイルは変えていないようですが、唯一得点の匂いを漂わせているリンス、彼がサイドから中に切れ込む形、あるいは行ってらっしゃいのような形で楽にシュートを打てるようなシーンをいかにしてつくるか、それに専心して味付けをしてみる等の工夫が必要なのかもしれません。 先制すれば持ち前の堅守が確実に生きてくるのですから。


muimatoba at 21:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba