Juli 2014

24.Juli.2014

2014 J1第16節 ガンバ大阪 4-0 清水エスパルス

「綺麗な顔してるだろ、これ、試合後なんだぜ」
 そういった趣の、危なげない勝利でした。不安と言えば2-0のハーフタイム中になんとなく頭をもたげてきた「後半の立ち上がりに失点しないこと」という考えくらいで、90分安心して視ていられました。

 さて、甲府の堅牢な5バックを宇佐美と倉田という個の当意即妙なプレーで2度にわたり破ってみせて勝利を収めてから中3日での試合。注目はなんと言っても累積警告で出場停止となった倉田に代わるスタメンでしたが、健太はパトリックを選択し、これが大当たりとなりました。
 宇佐美をどちらかというと前に出すぎないように控えさせ、パトリックに清水のDFラインの裏・背中を狙わせて走らせテンポ良く使うことで相手の守備をほつれさせるプランだったのかなと推察します。これにより清水は、パトリックを誰が掴まえるのか戸惑ったままラインが凸凹となってしまったDFと、前から刈りにいきたがるMFより前とのリンクが狙い通りほどけてしまい、試合開始直後から被カウンター状態を頻発させていました。
 そしてその隙を逃さずに6分、右CKの流れからヤットがファーに入れたボールをパトリックと岩下がかぶりながら競り、こぼれ球を確保に走った宇佐美が潰れると、ボールはフリーの阿部のもとに。それを彼が、実にいい塩梅に力を抜いて右の膝下を振り抜きコントロールショットでゴールに結びつけると、ここからはずっと「ガンバのゲーム」。
 9分には右サイドでスローインからボールを確保した米倉がフリーのパトリックに短いパスを出し、それを承けてニアに宇佐美、ファーに大森が走ると、パトリックはより確実な大森にグラウンダーでクロスを出し、それを大森が流し込んで2-0に。この時点で清水には、気持ちの切れかかった選手が――ノヴァコヴィッチを筆頭に――複数いたような印象を受けました。
 以降は、全員が攻守をきちんと切り替えて早めにボールを補足することで、甲府戦と比べてとても良い体勢で攻撃に移るガンバに対し、清水のGK相澤が孤軍奮闘して試合をどうにか2点差のまま保っていましたが、それも56分まででした。左寄りのセンターサークル付近でボールを持った宇佐美が右サイドでフリーの米倉に絶妙のスピードで配球すると、米倉はドリブルをしながらタイミングを計り、ライナー性の速いクロスをゴールエリア中央に送り、それをパトリックが頭から飛び込んで3点目。
 以降は、個人個人が独立して闇雲な感のあるプレッシャーをかけてくる清水をガンバがポゼッションしていなし、選手を交代しながら、機を見てカウンターを当てる展開となり、このまま終わってガンバのサポーターに美味しいケーキが饗されるかと思われた、そんな86分のこと。マイスター二川の粋な計らいで、ケーキに極上の苺が載せられました。
www.youtube.com/watch?v=KUSlMKI6d2o

 何も言うことはございません。ただただ、素晴らしい。最高です。

 その後、ロスタイムには佐藤にも惜しいチャンスがありましたが、相澤が意地を見せてスコアは4-0でタイムアップ。ガンバは大きな勝ち点3、今後に向けて弾みがつく連勝を手にしました。
 
 野暮とは思いつつ強いて課題を挙げるとするなら、この試合のように前から補足できているときは、もう少し最終ラインを上げたいところ。ただ、甲府戦からこの試合までの進歩を考えると、その辺はまたきっちり修正されていくのではないかと思います。
  これで降格圏とは4ポイント差となり、当面の目標として賞金圏内が見えてきました。神戸戦にもしっかり勝ち、夏場に有りっ丈の勝ち点を稼いで、安心して2つのカップ戦を狙える状況をつくれたら言うことはありませんし、このサッカーを突き詰めていけば、それは可能でしょう。ガンバの夏を、反撃の夏に。


muimatoba at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

20.Juli.2014

2014 J1第15節 ガンバ大阪 2-0 ヴァンフォーレ甲府

 帰ってきましたガンバの試合、再開しましたJ1リーグ。

 その再開初戦の相手は1ポイント上にいる甲府ということで、否応なしに「勝利」という結果が最優先されるべき試合でしたが、結果は2-0で勝利。前半、上手く守られながらも決定的なシュート3本できっちり2点をたたき出し、後半はシュートゼロながら――東口の的確な飛び出しがクリスティアーノのミスを誘って事なきを得た正直噴飯もののミス以外は――相手に決定機を与えずに試合を殺して勝ちきることが出来ました。
 後半の「塩試合」とも言える内容を考えると不安を抱くのは道理と言うものでしょうが、一方で下記の条件を考えると、課題も洗い出しつつきっちり結果を出したことを評価して喜ぶべきではないかな、と思います。
  • J1のテンションでやる試合はおよそふた月ぶり
  • ボランチ2人が(コンディショニングの怪しかった)代表帰り
  • 勝てば直近の標的を叩き落とせる「6ポイントゲーム」
  • そんな標的は、ことシュートを撃たせないことに関してはJ1屈指
  • 土曜~水曜~日曜と続く3連戦の初戦
  • 夏なのであづい
 まず触れるべきはガンバに勝利をもたらしたふたつのゴール。2点とも、宇佐美の個が遺憾なく発揮されてのもの。
 先制点はジェソクとのゆるめのワンツーでエリア内に侵入し、DFふたりの間を正確に通してゴールにパスした、お見事な得点でした。甲府の守備陣にしてみれば、普段の練習ではあり得ないタイミングで打たれたのでしょう。
 2点目は倉田の、見事なボールコントロールからの反転シュート。秋の動きのみでも出色のゴールですが、そこに到るまでの宇佐美のドリブルからのパスが、傑作に奥行きを与えてくれました。ドリブルの流れを淀ませることなく4タッチ目(でしょうか)をそのまま強めのパスにすることで、3人を置き去りにしつつ秋を掴まえる時間も与えない、外連味のないラストパスにしてしまいました。この、宇佐美と倉田というユースコンビによるゴラッソは、何度視ても素晴らしい逸品。
 もちろん、皆様もそうお考えと存じますが、守備時の動きやスタミナ、そして引いたときに下がりすぎることなど、彼自身にはまだまだ改善点はあります。とはいえ、こういうゴールとアシストを魅せられると、前線に能力の高い――そして今後の伸び代が大きい――FWが存在し、彼が絡むことで限りなく「無」に近い状況からでもゴールが期待できるということの意味は敵味方双方にとって大きい、また、ガンバにとってこれほど有難いことはない、改めてそう思います次第。

 さて一方、この試合での課題は以下の点でしょうか。貴重な勝利を得た試合であまり長々と言挙げするのは憚られるので箇条書きに。 
  • おそらく健太が厳しくチェックしてくれると思いますが、クリスティアーノに出し抜かれたシーンは要反省
  • 攻守両面でCBとCMFの距離感をもう少しコンパクトに
  • 守備時の反対サイドでは高めの位置に起点を配したい
  • パトリックの落とし込み――彼を入れた場合のカウンター時にはシンプルに使ってあげてもよいのでは
  中でも気になる、憚られると言いながらその実補足したくなるのは2番目の点。コンちゃんがサイドに食いついちゃうので、そこはSBとSHを信用して中央に居てほしいな、と。そうすれば跳ね返したボールを拾った時にヤットさんを経由して上手くカウンターに移行できるのではないかと思います。

 水曜日の清水戦も勝って、反撃の夏を高らかに宣言しましょう。


muimatoba at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

14.Juli.2014

第94回天皇杯 2回戦 ガンバ大阪 5-1 ツエーゲン金沢

 長かったJ1の中断期間、その終わりを告げるかのようにリスタートの1週間前に設定された天皇杯の初戦。日程をJ1再開およびJ2後半戦開始の1週間前というタイミングに設定したのなら、各クラブにとっては新戦力(ガンバとしてはもちろんパトリック)を公式戦で試すまたとない機会となり得たのですから、移籍の登録可能期間もそれに合わせてほしかったところ。しかしながら現実はそうではなく、パトリックはあえなく登録外となることから、試合は代表組ふたりを含めた現有戦力の調整具合をみながら、次のステージへと進むための戦いとなりました。

 さてこの試合、スコアこそ5-1であったものの、ツエーゲン金沢はさすがJ3で17試合8失点の3位というだけあり、DFラインの組織的な練度という一点においては、中断明けのガンバより上なのではないかと思わせる好チームでした。ただ、ラインの裏、相手の背中を意識して早めに仕掛けるようになりつつあるガンバの「個」が連動すると、ツエーゲンはさすがに「個」のレベルで支えきれず失点を重ね、そこから暑さも手伝ってか疲弊していき、後半はだいぶ緩んでしまい、結果、GK原田の奮闘もありましたが上述の得点差に。
 ツエーゲンは……そうですね、個々の技術的な面から難しかったのかもしれませんが、誰がイニシアチブを取っているのかがいまいちはっきりとしていなかったガンバのDFラインに対し、CBの前に勇気を持って人とボールを入れていけたら、スコアはもう少し拮抗したものになったかなと感じました。

 一方我らがガンバ。大勝したこの試合からあえて反省点を導出するなら、やはりそのDFライン、特にCBかなと思います。
 遠藤は求められる帰陣速度と実際のボールポジションを斟酌して動いている感じでした――宇佐美の先制点はまさにそんな彼の「勘」が産んだと思います――が、どうしても下がり気味(下がりすぎ)になる岩下とそれに追随しがちな西野のコンビ、そして時折行方不明になるコンちゃんとの間に齟齬が生じていたように見受けられます。遠藤がW杯での不遇を糧に「夏の鬼畜モード」に突入してくれそうな気配が漂っていましたので、そんな彼の特異な能力を生かすならば、杓子定規にならずに状況を判断しきっちりとコーチングをしてくれるという点で、ガンバのDFラインには丹羽という「司令塔」が必要なのではないか、そう思いました次第。
 なお守備に関し、宇佐美が(特に後半)浮いていたのは守備をしないのではなく、ガンバの中で、真夏の16時開始という高校野球のような時間設定による心身へのダメージが最も早かったのが彼だったから、というように見受けられました。J1再開後はナイトマッチですから、大丈夫でしょう。きっと、大丈夫。

 その他、攻撃については前述の意識付けが中断明けの試合としてはしっかりと出せていたように思います。
 ハットトリックを達成した倉田は言うに及ばず、大森もリンスも、交代で入った阿部も、米倉もきっちり仕事をしてくれました。惜しむらくは宇佐美と倉田はもうちょっと取れたかなというところと、リンスがノーゴールだったことでしょうか。ただまあ、前半戦に比べればチームとしての形は出来てきているので、リーグ戦では攻守とも精度がさらに上がり、チャンスを確実にモノにしてくれる、そういうガンバが視られるはずと期待して再開を待ちたいと思います。


muimatoba at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba