April 2015

28.April.2015

3試合まとめての巻

 もう既に黄金週間に突入済みの方もいらっしゃるかと思いますが、小生は立て込んだ仕事でこんな感じです _(:3 」∠)_ 
 仕事はやっと片付いたのですが、時は既に28日、明日は松本戦。ゆえに、普段は見直して2回は視聴してから綴るのですが、インプレッションをさささっと書き留める形といたしたく……ご容赦ください。


2015 J1 1st-6節 湘南ベルマーレ 0-2 ガンバ大阪
 7連戦の始まりはJ2を圧倒的な運動量で制圧した曲者、湘南とのアウェイゲーム。波に乗せると怖い彼らをしっかりと受け止め、実に王者らしい戦い方で寄り切り勝ち。「個の違い」と言うのは簡単ですが、運動量と局面での人数差で活路を見出そうとする湘南に対し、GKと4人のDFが適切な穴埋めを施し続けることで、走らされすぎることなく完封。
 居るだけで役には立たない「案山子」になってしまう選手が出ることを承知した上で相手に多勢を印象付け、それを恃みに綻びを生んでゴールを陥れようとする昨年のJ2王者を、案山子が極力出来ないようにサボらずに動くことでカウンターへと繋げ、そこからシュートまで多人数を割くことなく持っていくことで、横綱相撲ともいうべき試合にすることが出来ました。
 湘南としてはクロスをファーサイドに入れて打開したかったのだと思いますが、クロッサーにはSHの戻り込みで応対しプレッシャーをかけ、ヨネもハルも(そしてジェソクも)競り合えるというガンバの守備には歯が立ちませんでした。点差以上の完勝だと思います。
 
*個人的MOM・遠藤保仁と今野泰幸
 人数が少なくても攻撃が成立するのは、ボールの奪い方もさることながら適切なタイミングで心憎いサポートを加えられるこのふたりが居て、それをチームとしても活かせるからこそのこと。目立たないとは思いますが、相手のサッカーに対してこのふたりの応対は本当に利いていました。
 

2015 ACL GL第5節 広州富力 0-5 長谷川会系岩下一家ガンバ大阪
 試合開始前は「何でもいいから勝つ!」とこんなテンションでテレビ画面に向かっておりました。
img_956195_42015306_0b
 すると……
試合後ポルナレフ状態のコスミン・コントラ監督(広州富力)
「何が起きたか分からない。(勝利した)前回と同じように準備したけど、本当に同じチームなのか信じられない」
2fa529d9

 というわけで、まるで暴れん坊将軍のような痛快無比の活劇でございました。
 富力は初戦と違ってお互い勝たなければならない状況下で、初戦と同じようにスカウティングして向かってきたのでしょう。しかし、闘える状態でなおかつ餓えたガンバに勝ち点3を狙って中途半端に向かっていくのは、無謀だったようです。
 ガンバはハムダラーに入るボールをケアし、入ったところで狭い方に戻すかあまり意味のない方向へのドリブルするかしかできない状況を作り出すことで、ミチェルをボールから離し役立たずにし、ふたりを孤立させることに成功。こうなると(おそらくこれまでの試合で露呈し和田コーチが落とし込んでいた)富力に遅攻の形が他に何もないという弱点が晒され、ガンバが前を向いて奪えるようになり、それに対して相手は戻りながらの対人ケアもスペースケアもできなくなり、ガンバのやりたい放題に。テレビでも滅茶苦茶気持ち良かったので、現地組はもう愉快痛快だったことでしょう。
 最後はガンバの守備が緩んでいましたが、これは自暴自棄で入ってはいけないスイッチが入ってしまった相手に対して、点差を考え極力コンタクトを避けるという意図があったように思います。なので、とがめるほどのことではないかなと感じました次第。
 さあさあ、ACLはとりあえずあとひとつ勝ちましょう。愚生も万博に馳せ参じまする。
 
*個人的なMOM・宇佐美貴史
 1点目:エリア内のために刈りにいけない相手をあざ笑うかのようにひとりで時間を作り、ファーサイドに入り込むというヤットさんのえげつないランニングを引き出し、きっちりそこに向かってパスをしゴールの起点に
 2点目:3人引きつけた藤春のパスを左サイドで受けると、右足アウトフロントでGKの頭を超えるクロスを(ダイレクトで!)上げるという、誰もがやりたくても誰もができるわけではないプレーをあっさりとし、相手守備を脳髄から破壊する
 3点目:2-0とした直後に転がり込んできたカウンターチャンス、ヘディングで処理されたため頭上から落ちてくるボールをダイレクトでパトリックがスピードを落とさずに処理できるスルーパスへと昇華させ、解説の都並さんを昇天させる
 4点目:東口のクイックスローにより生まれたカウンター、大森の頑張りを殺すことなく、逆サイドのスペースへ駆けだしたリンスに左足でどんぴしゃのパスを送り、阿部ちゃんのドッピエッタをお膳立て
 5点目:リンスからのパスを走りながら右足アウトサイドでコントロールしGKを惑わすと、返す刀でニアに流し込み夢のスコア完成
 全ゴールに絡む超人的活躍。何も言うことはないです。プレーを思い浮かべてニヤニヤしながら美味い飯を食い旨い酒を嗜みましょう。


2015 J1 1st-7節 ガンバ大阪 2-1 アルビレックス新潟
 監督の仰る通り、よく勝ったなと。
 新潟は運が致命的にないのかここぞというところで決めきれず逆に決められてしまうために順位こそ下の方ですが、レオ・シルバを要に置いてそこからはめ込んで相手の攻撃を無力化する守備と鋭いカウンターはかなりのレベル――広州富力とは比べものにならない組織力――にあるクラブです。等々力で川崎との試合を観戦したときに感じましたが、前半の力強さはどんな相手でも封殺できるだけのものを持っており、どうしても疲労が滲んでしまうACLアウェイ戦帰りでは当たりたくないタイプのチームです。
 加えて新潟、この試合に向けては、ミッドウィークのナビスコカップではラファエル・シルバとコルテースを後半途中投入とし、レオ・シルバはきっちり休ませて準備を調えていました。健太監督が、かかとの軽い怪我もあったとはいえ、パトリックをベンチスタートにしたのは、そんな新潟に対して前半塩試合になるのは織り込み済みで勝負手をとっておきたかったのだと推察します。

 というわけで、FWとして先発し真ん中での役割を請け負おうとしたたリンスはあまり責められません。フレッシュなレオ・シルバは相手の攻撃を寸断しつつ味方の攻撃を組み立てられるJでは希有な存在ですので、前半はそもそも中盤と前線の連携が寸断され、ショートカウンターですらいち早く穴を塞がれていました。リンスは、コンディションは上がってきていますから、次のスタメン機会ではやってくれると思います(ちなみに昨年の万博では夢のスコアを達成しましたが、その時はレオ・シルバが出場停止でした)。
 そういう難しい相手を向こうに回して、動かない身体を頭で動かしてぎりぎりのところで凌ぎきり、オープンな殴り合いでも致命傷を負わずに立ち回り、勝ち点0でもおかしくなかった試合で3ポイントを手繰り寄せたことは、隠れた目標である年間勝ち点1位を考えるとのちのち効いてくると思います次第。
 頭も身体も動いていなかった開幕当初と比べると、(しんどいことはしんどいのですが)かなりの手応えを感じることが出来る、最終局面での踏ん張りに頼もしさが見える試合運びでした。
 今シーズン最初の山場である七連戦もあと四つ。各々ができる限りのことをして、ひとつひとつしっかり戦っていきましょう。
 
*個人的MOM・パトリック(と大森晃太郎)
 まず取り上げるべきは決勝ゴールのパトリックでしょう。
 後半から投入され怪我を感じさせない圧倒的なフィジカルで時間をつくると、ハイライトは1-1の83分過ぎ。
 敵陣に入ったあたりで倉田がファウルを受けFKを得た際、CBを外し左SBコルテースの前にポジションをとると、それをしっかり見つつ敵の虚を突く形で倉田が蹴ったロングボールを、コルテースを2mほどはじき飛ばしながら胸トラップして、ピッチに跳ねたボールの落ち際を強烈なボレーシュート。阿部や倉田のシュートに反応し軌道を枠へと導いた守田も、さすがにこのパ砲は防ぎきれませんでした。どんどん上手くなっていっている気がするのは気のせいですかね……いやはや、頼もしい限りです。
 なお、阿部に替わって入り相手の使いたいところをぴしゃりと閉めた大森も、短い時間ながら素晴らしい仕事をしてくれたと思います。彼が相手のドアを閉じてくれたから、勝ち点3を確実にすることが出来ました。


muimatoba at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

15.April.2015

2015 J1 1st-5節 清水エスパルス 2-3 ガンバ大阪

【前回までのあらすじ】
 亜細亜での戦いに備え金曜日開催となったJリーグ第一ステージ第四節、万博にかつての偉大なるマエストロ・西野 朗監督が率いる名古屋を迎え、途中追撃を許すも首尾良く撃破し勝ち点3を得たガンバ。
 勇躍乗り込んだタイ王国のブリーラムはバンコクから飛行機もしくはバスという地方都市にして、いまだにJリーグのクラブが勝ったことがないという難攻不落の地。開始数分後にCB西野が負傷交替となり、そんな悪い流れを変える間もなく9分、CKを守護神の判断ミスもあって直接ゴールマウスにぶち込まれ土壇場へと追い込まれるも、その後の攻勢を凌ぐと40分過ぎ、相手バイタルでの人数をかけた細かいパス交換から一瞬の隙を衝いて倉田が相手ペナルティエリア内に侵入。倉田はパスに対して後手を踏んだために割れた中央のスペースを出し抜いたリンスへとパスを出し、リンスが同点弾。
 後半も引き続き地の利と手駒を活かして攻勢をかけ試合を決めに来た相手に対し、決して合わせることなく自分たちの形でやり過ごし、そうして1-1のまま時計の針は87分、藤春のプレスバックから今野が敵陣でボールを回収すると、それを素早く縦に入れて宇佐美へと渡し、宇佐美は素晴らしいスプリントで右サイドを駆け上がっていた米倉へと、相手にボールを見せるロブパス。米倉がそれをダイレクトで丁寧にギャップへと落とすと、そこに駆け込んだ大森がやはりダイレクトでゴールへと叩き込み勝負あり。現地に乗り込んだ熱いサポーターとともに勝ち鬨をあげたのでした。
 さてさて、決勝トーナメント進出に必要な三連勝、その最初の勝ち星を手に入れることに成功したガンバは、休む間もなく帰路につき、次なる試合は第一ステージ第五節、敵地での清水戦。「ブリーラムから帰ってきた後の試合で勝ったクラブはまだない」という状況下、松尾主審による開始の笛が響き渡った……


 
 結果、勝ちました。5試合終わって1ポイント差の3位です。ACLを戦いながらということを考えると、いい位置につけられたと思います。
 あらすじに書いたような状況下であったこの試合に関しては、組織がどうとか、コンディショニングがどうとか、そういう問題は二の次で、どういう形であれ勝ち点3をとることが大事。そういう試合で3本の素晴らしいゴールを決め、しかも守護神のボーンヘッドをカバーして勝利できたのですから、言挙げするのは無粋というもの。本当に「ナイスゲーム」です。この試合はきっと、今後大きな意味を持ってくるでしょう。
 なお、課題の動きの質は相も変わらず後半の15分前後でスコンと落ちましたが、守れないので攻めるしかない清水に対し、前節の名古屋戦同様しっかり反発できていました(しかも、ブリーラム帰りであるにも拘わらず!)。チーム全体の状態は確実に上向いてきていると思います。大丈夫、大丈夫。

 勝利の鍵となったのは、ベルカンプとアンリを彷彿とさせる宇佐美の素晴らしいドッピエッタ――あえてここでは何も言わずに、映像を繰り返し視て何度も思い浮かべたいと思います――もさることながら、ブリーラム戦に出場しなかったパトリックと岩下の献身、そして守護神のあり得ないミスから同点に追いつかれた状況で「先生、お願いします」という感じで出場し、雄弁かつ蠱惑的なパスで決勝点をお膳立てした寡黙な10番、フタさんでした。
 
 パトリックは、最後の10分くらいは瞳を潤ませた子犬のような顔でベンチに何かを訴えて健太に完全スルーされていましたが、皆が走れない分を走ってくれた上でゴールもあげてくれました。プレー自体も、走り出しのタイミングやワンタッチプレーの精度が昨年よりも上昇していて、殊更頼もしかったです。明らかに上手くなってきているなあ、と感じました次第。
 岩下は、昨季と比べてサイドハーフの中央への戻りが甘い点、(今季研究され狙われているような気がする)丹羽ちゃんの背中側の盲点や、中央のMFの背後のケア、ビルドアップやロングフィードといった仕事を一手に担ってくれているので、ブリーラム戦のようにお休みの試合があるのは当然かなと思います。実際、この試合でも上記のタスクをそつなくこなしてくれていました。失点は交代出場でガンバの右側を狙ってきて結果を出したウタカの嗅覚と、あってはならないGKのボーンヘッドをしっかりと攫った大前の仕事の所為なので、2失点で岩下の働きが色あせることはないと思っています。
 そしてフタさん。大声援を背に出てきて3分で大仕事。ボディワークからパスまでを外連味なく流れるようにこなすフタさん。流石の一言でございます。 
26c89680
da1fefb2
*どれくらい最高かを文章で表すと長くなりそうなので画像2枚で表現しました。

 いやはや、本当に勝てて良かったです。現地組が羨ましいですねえ……

 今週はミッドウィークに試合がなく、土曜日から「7連戦」が始まります。堂安の起用(中2日続きの松本戦あたり?)も取りざたされていますが、選手もサポも一丸となって、この総力戦を乗り切っていきましょう。


muimatoba at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba 

6.April.2015

2015 J1 1st-4節 ガンバ大阪 3-1 名古屋グランパス

 勝因は両サイドを繰り返し衝くことで闘莉王とダニルソンを上手く引き離し、バイタルおよびMFの背後にスペースをつくり、そこを足がかりに優位に立てたことでした。昨夏の万博では彼らを離すことができず中央に強固な城塞を築かれて敗れる形となったので、そういう反省材料をきっちり次の機会に活かすことができたのは、チームとしてとても良いことだと思います。
 そしてもうひとつは、代表組(プラス米倉とパトリック)が頭も身体もフル回転させてくれたこと。
 居残り組が60分くらいからエンジンストールしてしまい、とりわけCBとSHが動けなくなるというのはチームの構造的に厳しく、1点返されたあとは良い状態ではない名古屋に押し込まれ気味で、コンちゃんのゴールまでの約20分間は冷や冷やしながら視ておりました。
 それでも失点しなかったのは動けるメンバーが頭を働かせ必死に動いてくれたから。特にコンちゃんの仕事っぷりはお見事でした。
 
 基本的なチームの課題は上記の通りで変わっていないのですが、大事なのはコンちゃんの復帰と藤春の成長に米倉の復調が加わり、パトリックも良化し攻撃面で上昇の兆しが見て取れたうえで連勝できたということ。これを糧として、4月全勝に向けてひた走りましょう。
 もう明日は大事な大事なブリーラム戦ですので、以下、気になった選手(勝利の鍵になった代表帰りのフィールドプレーヤー)について簡単に感想を。
 
・藤春
「藤春廣輝はガンバ大阪所属の日本代表サイドバックである。彼を改造したハリルホジッチは、地球征服を企むあ(以下略)」
 というわけで、ハルは改造人間になって帰ってきた模様。ありがとうムッシュ。
 ハルは、甲府戦の後半(コンちゃん復帰)でヒントを得て、代表招集で一気に整理されたような感じです。「まず前を見る。斜めに出すか受け手が前を向けるパスにチャレンジする、上がって味方が詰まってたら戻ってやり直しに関与する。オーバーラップはやはり前を見て行かない勇気を持ち、行くときはドーンと行ってプレーしきってこい」という、タスクの選択の積み重ねが格段に早くなっていて、おいちゃんはテレビの前で悶絶。素晴らしい出来でした。今後、対戦相手はガンバ対策を練り直さないといけないでしょう。
 なお、代表で組んだのが、ビルドアップ時のもらい方やFWの潰し方の上手い槙野だったというのも、ハルにとっては良かったのかも知れません。彼は手に頼るところさえなくなれば、埼スタ決戦でパトリックをポジショニングで封じて見せたように、なんだかんだで日本有数のCBであることに違いはないですから。
 さておき、長友のタッパと守備および右の不動のレギュラー・内田の膝の状態(=高徳は右に)を考えると、もともと身体能力があるうえ守備は健太が仕込んでいるので、このプレーが続けば代表の左SBはハルと太田の争いになるかもしれません。そして、ガンバはジェソクの怪我が治れば3人で全く遜色なくローテーションできるようになり、戦い方に幅や余裕が出てくるでしょう。そういうわけで、頑張れ藤春、頼むぞ藤春。
・宇佐美
「代表効果でスプリント激増」と書かれていましたが、実際、ツートップの一角という代表とは違うポジションでもそれを苦にすることなく守備を頑張り、それでいて攻撃でもヘディングで競り合ってからの動き直しも含め「動きながら受ける」ことを意識したプレーぶりを披露し、ドッピエッタ(2得点)達成。見直すと「(FWとしては)ちょっと戻りすぎじゃないか」と心配するような場面も見受けられましたが、それは彼がさらなる飛躍をする過程の一情景でしょうから、素人の杞憂は慎みたいと思います。素晴らしいプレーでした。
 なお、トリプレッタ達成やアシストも可能な展開でしたが、前者はボレーを楢崎に防がれ最後は疲労で打ち切れず、後者は相棒のパトリックが最高においしいカウンターの場面でずっこけていなくなるという笑撃の展開で果たせず。しかしながら、トリプレッタは時間の問題でしょう。神戸戦とか神戸戦とか……。
 翻って宇佐美、そもそも彼は走れないのではなく、走り処、スプリントのかけ処がいまいち掴めていなかったのだと思います。それが、代表で監督によって頭を整理され、ザキオカさんという素晴らしいお手本を近くで見ることで整理された頭が動き出し、上手いこと廻りはじめたのではないかな、と。そんな気がします。
 ちなみに最近必要がなくなったヤットさんの前目起用っていうのは、大前提として「人が居なかった」ということもありますが、宇佐美に「走り方のヒント」を見せるという健太の思惑もあったのではないかと推測しております次第。
 そういうような布石が色々と積もり積もって、このたびきっかけを掴み、それを彼自身がモノにし咀嚼して、サポに成長を見せてくれたということかもしれません。この日のようなプレーを続けていけば、頭と身体の連動が進み、後半の後半でも力のあるシュートや技ありシュートを放てるようになるでしょう。今後の彼のプレーがとてつもなく楽しみになってきました。

・コンちゃん
 普通に考えればMOMは宇佐美ですが、個人的には分身の術を使っていたとしか考えられないプレーを披露してくれたコンちゃんを推したいですね。
 兎にも角にも攻守両面においてサポートのタイミングが適切なのでそのような印象を受けるのですが、それがチームにとってどれだけ大きいかは、田口やノヴァコヴィッチの不在もあるとはいえサポートがなされない、しようとしてもその前にガンバの選手が飛んでくるという状況であった名古屋の状況を鑑みれて彼我を見比べれば、実感できると思います。
 また、この日のプレーの白眉は75分あたりからでした。
 グスタボが入ったことでわずかに綻びが生まれはじめた名古屋に対し、まずは自陣バイタル付近でボールを奪い味方から戻ってきたボールを左サイドの大森へと正確なフィードを通すと、78分頃には空中のボールを松田と競り合って苦もなく確保し、パトリックにやさしい縦パスを入れて惜しいシーンを演出。
 そしてハイライトは名古屋にトドメを刺したコンちゃんのゴールに至る、79分過ぎからの一連の流れでしょう。センターサークル付近にドリブルで上がってきたダニルソンに対し、コンちゃんはプレスバックしてきた宇佐美(この時間帯、彼が守備で利いていたのも助かりました)と挟み込む形でボールをカット。ボールを受け取ったパトリックが左サイドの大森へ展開し、藤春が上がってゴールライン際からグラウンダーのクロスを入れると、色々紛れてボールはバイタルエリアの方へ転がり、そこにいち早く駆け込んだコンちゃんがミドルシュートを叩き込み3-1。人が増えたペナルティアリアから適切な距離を取り、フィニッシュに至らなかった場合の事象に備えていたコンちゃんのファインプレー・ファインゴールでした。
 間違いなく、今のガンバはコンちゃんのチームです。これからもよろしくお願いしますm(_ _)m



muimatoba at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Gamba