Juli 2017

30.Juli.2017

強い方の大阪選手権試合

強い方の大阪選手権試合(兼、2017 J1 第19節)
(選手権者)ガンバ大阪 3-1 セレッソ大阪(挑戦者)
※選手権者がKOで4度目の防衛に成功。

201509172025309ae

 正直に申しあげて識者の皆々様方から上のように言われそうではありますが、週末の仕事が早めに終わったしダービーなのでざっくりと。仕事があり後半途中から流し視た生中継プラス全体を2回。久々にじっくり視ました。

 吹田スタジアムでの初ダービーは首位のセレッソがガンバのホームに乗り込んでくるという貴重なシチュエーションとなった試合でしたが、終わってみればガンバ、とりわけ健太さんにとっての「会心譜」になりました。基礎骨格とスタメンの練度で優る(ゆえに兵站の問題はあれども首位である)セレッソに対し、兵站と局地戦で個が叩き出せる最大値では優るガンバ。それを織り込んでの采配はお見事だったと思います。これ、嵌め込み勝ちでしょう。

・腹打て腹
 スタメンはヤットさんベンチで中盤はコンちゃんと井手口が真ん中、左が秋で右が藤本、新加入のファン・ウィジョを長沢との2トップで起用。ポイントはウィジョの役割と個性、ならびにヤットさんを外すことで巻き込みにいった守備の仕掛けでした。
 前者については、ウィジョが動いて相手の最終ラインに圧力をかけ続けることで、味方の動くスペースをつくりながらボールが循環できるように仕向けたのではないかと思います。実際、受けてからのターンでビッグゲインを狙うアデミウソンと違い、裏を狙いつつ身体も張れるウィジョがスタートから入ることで、他の選手がわらわらと離合集散をはじめ、セット守備が取り柄の相手を走らせるようになっていました。
 後者については、前者とも関連した仕掛けでしょう。カヴァーに長けた(しかしフィジカル面では不安がある)ヤットさんを外すことで、前への循環をそのまま守備にしていた感じです。井手口とコンちゃんはセットやらスペース埋めやらを踏まえるとちょっとズレているポジショニングでしたが、兎にも角にも前へ切り替えるという意識が徹底されていました。
 長沢とCBを恃みに彼らが頑張ってる間に戻れば良いという割り切った守り方ではありますが、下手に受けっぱなしになるよりは身体でもいいからぶつけにいく、という姿勢は、時に(特に前半の後半は)ボール回収に手間取りながらも、走らされるセレッソの選手にコツコツとしかし深刻なダメージを与えていたように思えます。
 つまり、腹打て腹(ボクシングで喩える)。夏の吹スタでこれは敵にも味方にもキツかったと思います。こっちが先にバテるリスクもありましたが、選手たちは見事にやり通して闘い抜いてくれました。後半の後半に相手の心身を折ってガンバが試合を決めたのは、この仕掛けと選手たちの頑張りの賜でした。

・腹から顔へ
 試合自体は割合こちらの思惑通りに進むも、51分にACLなどでよく見た縦ポン一発でやられて先制点はセレッソに。ファビオの位置と仕事が中途半端でした。このあたりは後半戦から来年に向けての課題でしょうか。ただ、このあと60分を過ぎたあたりから、リードしたセレッソは前述のボディブローが効いてきて動けなくなっていきます。たとえユンさんが後ろの枚数弄っても関係なかったかな、と思うほどに。
 その流れで65分に同点。ファビオから始まったビルドアップを阻害しようともできず、SBがハルに寄せきれず、CBはウィジョに間に入られる。一見するとハルのクロスとウィジョの身体の強さが光るゴールですが、振り返って視ると「ああ、あちらさんかなりキテたな」というゴールでした。この流れで淳吾さん→アデミウソンで一気に畳みかける健太さんも良かったと思います。
 さて、当然こうなるとユンさんとしては選手交替を考えるわけですが、ここで冒頭にちらっと書いた兵站の問題が出てきます。ただでさえ豊かではないうえ清武が離脱中なので、グロッキーなチームを活性化させるために有効なカードがないな、というのがただの他サポとしての正直な感想です。水沼を関口に替えますが、ヒガシのポロリのシーン以外大勢に影響はなく……あとはスタジアムに渦巻く蒼黒の熱情が相手を呑み込むだけでした。
 勝ち越しゴールは77分、CK時に棒立ち無力ゾーンディフェンスになったセレッソ守備陣に対してノーマークの三浦弦太がニアに走り込んでファーに流し込む綺麗なセットプレー。(それまでどちらかというとアレなキックが続いていた)井手口渾身のボールも、キッチリ合わせたゲンゲンもお見事でした。
 トドメの3点目は86分、アデミウソンによる自陣からの一人カウンター仕上げ大失敗を、ガッツリと走り込んだ仲間たちが拾って相手ペナルティエリア内で繋いで、最後は再びアデミウソンがアウトにかけるシュートでゴール。俺も俺もと相手ペナルティエリアに駆け上がってきた井手口、ハル、長沢に秋に対し、ヨニッチが脚を攣り最終的にはガンバに数的優位をつくられたセレッソ。いろんな意味でこの試合を象徴するようなトドメのシーンでした。

・まとめ
 腹を充分叩いてから顔へ、という派手さはないけれども健太さんらしい組み立てと勝利だったように思います。加えて、それを後押ししたスタジアムの雰囲気を作り上げた皆さんにありったけの感謝を。
 他方、あちらさんについては、ユンさんは本当に良くやっていると思います。この試合については、前半の後半で先制し引いてしまえばまた違っていたかもしれませんが、ガンバが明確に上でした。スタメンのコンディションを維持できれば最後まで「なにがしか」に絡めるのではないでしょうか。まあ、うちらが通せんぼしますけれども。
 優勝争いについては、ウィジョという大駒を手に入れたことで、アデミウソンも活きてくるのではないかと感じましたので、暑い夏をうまいことやり過ごしながら上についていき、9月下旬のアウェイ鹿島戦で最初の山をつくれれば、と思いますね。

 ちなみにどうでもいいことですが、おいらの現地参戦はう~ん、仕事抱えすぎで8月いっぱいは泊まりがけとか無理そうなので、ルヴァン杯で行ければ( ゚д゚)


muimatoba at 23:31|PermalinkComments(0)Gamba