26.Februar.2017

ACL GL第1節 アデレード 0-3 ガンバ大阪 短い雑感

 録画映像をじっくり確認する時間がとれなかったので、雑感の羅列になることをお許しください。

・ちらっと呟いていました相手の弱点(ちょっとでも遅れたりずらされたりするとサイドから中へのコースを切れない)を的確に突いて順当に勝利した試合と思います。オチ担当にならなくてほっとしました。

・相手もガンバのビルドアップの要であるCBへのプレッシャーは意識していましたが、CBのふたりが強いパスを出せることとヤットさんならびに東口のサポートとで、大事には至らず。
・CBが両方出せるのでSBが幅を取るケースを増やしにかかってきたかな? と感じました。つまり、インサイドハーフにはよりゴールに近い場所で決定的な仕事に関わってもらいたい、という意識付けかもしれません。
・CBにがっつり行くとヤットさんが「浮く」ので相手にとっては厄介かなと感じます。さらに前々から嵌め込みに行くと必ずどこかが空きますし(そういうクラブとやった場合にそこをきちんと衝けるかを見てみたい……)。
・目についた課題は三浦がアンカー横へのアタックや右SBのカヴァーを意識した場合にファビオと藤春がスライドするのか、アンカーが落ちるのかが決まっていない(っぽい)ことでしょうか。
・10と7の縦軸を起点に護衛艦が右往左往、ではなく動き回って数的優位の箇所を作り出しそこから個を活かして打開を図り、渾沌を許容する……やっぱりイメージのベースはアッレグリ1年目のユヴェントスです、ありがとうございます。
・スタメンの4MFを決め打ちしたいがために生じるシステム上のやりくりのしにくさについては、今更言ったところで詮ないことなので、ここはひとつ休憩を兼ねた「ザ・塩試合」を適宜つくっていくことが求められるでしょう。試されているという3バック(5バック)はその準備という予感がしております。

 これまでの2試合を振り返ってみると、脳筋一途だった去年のチームに「渾沌こそ我が墓碑銘」とも言えるイメージを植え付け新戦力のCBの特長を活かすように仕向けることで、脳筋の良いところは利用しながらベースを整えていっている、といった姿が見えてきます。
 今年のガンバはひょっとすると面白いチームになるかもしれませんね。


muimatoba at 01:02│Comments(0)TrackBack(0)Gamba 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字