Football

12.Januar.2016

ちくんの引退

 最初に「京都サンガと契約更新せず」というプレスリリースを目にした時には、去年観戦した試合を想起しながら「まだまだ出来るし、きっとどこかで必要とされるだろうから頑張ってほしい。あるいは、ラストダンスを一緒に戦えたら」と思っていました。それゆえに、今朝出勤前に接した引退という報道はまさに青天の霹靂で、個人的には「第二の人生に幸あれ」という思いよりも「まだ出来るのになあ……」という残念さが強うございました。
 
chikun

 しかし、帰宅して一杯呑んで保存してある雑誌などを見返しつつ「レノファ山口などからオファーはあったが」という報道を踏まえると……どんなに焦がれ努力を重ねてもなれない人が多い職業であるプロサッカー選手となり、必要とされなくなれば否応なしに退かざるを得ない世界で20年間キャリアを積み重ね日本代表選手にも選ばれ、最も長い時間を過ごしたガンバにおいては名将の下で軍団長として生え抜きの寡黙で雄弁なファンタジスタや同期入団の何があってもマイペースなマエストロといった一癖も二癖もある選手を束ね、(それまではクラブもサポーターも望みこそすれども登り得なかった)三大タイトルという山々の頂に加えてアジアの頂点をも踏破した――踏破させてくれた――選手が、いまだ必要とされるうちに自ら退き際を選んで現役生活に終止符を打てることは、とても幸せなことなのではないだろうか、と思い至りました。
 ゆえにここはひとつ、ガンバサポの末席にある者としてありったけの感謝を述べて送辞に代えさせて頂きたく存じます。
 
 山口 智選手、お疲れさまでした。ポゼッションを掲げつつカウンターにカウンターを当てるという破滅的で美しくて愛おしいあのガンバを、攻守にわたる抜群のポジショニングと球捌きで支え続け、機を見てゴールを陥れ、タイトルを常に争うことの大切さと獲得することの嬉しさ苦しさを教えてくれたあなたの勇姿は一生忘れません。本当に本当に、ありがとうございました!

 これ以上こまごまと書くと湿っぽくなってしまい、新たな旅立ちを祝福する文章に相応しくなくなる恐れがありますし、ガンバからスタッフとしてオファーがあるとのことなので、将来また一緒に戦えたらと願いつつ、愚生の落書きはこの辺で御後が宜しいようで。

 ( ゚д゚)o0O(それにしてもACLの記念写真でちくんの向かって右にいるヤツの目立ちっぷりたるや……)


muimatoba at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

9.Dezember.2013

2013 J1昇格プレーオフ決勝 京都サンガ 0-2 徳島ヴォルティス



muimatoba at 21:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)